スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄・いくさ・愛国心

今日の慰霊の日の因んで、朝日新聞沖縄版が21日から3日連続で「沖
縄・いくさ・愛国心」を連載しています。その趣旨は、

<愛国心を巡る議論が盛んだ。国を愛するとは何か。61年前、激し
い地上戦を体験した沖縄で、愛国心はどう受け止められているのか。
23日の「慰霊の日」を前に考える。>

上:指揮官の遺族
中:教育という力
下:歴史の見直し

その中で、「ひめゆり平和祈念資料館」の学芸員である普天間朝佳さ
ん(46)の話が気になりました。

< 入館者が書き残す感想文に、展示方針を「反日的」と批判する内
容がここ数年、目立つようになった。「少女たちは……兵士たちとと
もに死ぬことを願っていたのです」(27歳会社員)、「軍部が悪の
ような説明書きはよくない。ここは左翼人間の生産工場ではない」
(22歳学生)。

 「戦前の教育の怖さを伝えるのが館の理念。だが、証言者が年々減っ
ていく中、どうすればリアリティーを持った体験の継承が可能なのか」。
普天間は悩み続けている。>

昨年1月、ひめゆりの塔を訪ねたときの訪問記です。↓

http://www.rose.sannet.ne.jp/nishiha/okinawa/senseki/himeyuri.htm

「爆笑問題」太田光は反日?

<漫才コンビ「爆笑問題」の所属事務所(東京都杉並区)に4月、長
崎市の右翼団体「正気塾」幹部(57)が訪れ、太田光さん(41)
あての抗議文を届けていたことが26日までに、分かった。太田さん
は警備員を付け、連絡を受けた警視庁杉並署は、事務所周辺のパトロ
ールを強化した。 

「ラジオ番組で、太田さんが反日発言をしたことを非難する」との内
容だったが、実際にはそうした発言はしておらず、何者かがインター
ネット掲示板に偽って書き込んだ内容と同じだった。幹部は掲示板を
見て抗議文を届けたとみられる。>

爆笑問題・太田さんに抗議文 右翼幹部、虚偽の事実もとに」(産
経電子版、26日 11:36 )

「反日発言」とは次のブログにある、昨年9月のTBSラジオでの
“妄言”のことでしょうか?

反日反靖国 太田光TBSラジオでの妄言のまとめ

いわゆる“ネットウヨ”は、実社会ではものも言えないような連中が
サイバー空間で憂さ晴らししているだけですが、その“妄言”を真に
受けて本物の右翼が行動を起こすとは、厭な世の中ですね。

なお太田光さんは昨日から始まった朝日新聞の「私と愛国」シリーズ
に登場して、「それから教科書問題で日本は自虐的と言われるけど、
自己批判できるってことじゃないですか」と語っていますが、これも
“反日発言”でしょうか?

愛国心教育の評価(続)

今日の毎日新聞は次のように報じています。

<「国を大切にする」などの「愛国心」表記を通知表の評価項目に盛
り込んでいる公立小学校が埼玉県で52校に上り、岩手、茨城、愛知
県にもあることが毎日新聞の全国調査で分かった。>

< ▽大田尭・東京大名誉教授(教育学) 一番の問題は、学習指導
要領が「国を愛する心情を育てる」ことを目標に挙げている点だ。愛
国の情は個々人で違っていてもよく、評価するのは不自然。心情を画
一評価することは内心の自由を侵すことになり、内面の画一化につな
がる恐れもある。教育基本法が改正されると、愛国への心情評価が合
理化されるのではないか。>

愛国心:通知表評価項目に 埼玉で52小学校、愛知も

一昨日の国会では、小泉首相が愛国心の評価に否定的な答弁をしまし
たが、今日の午前中の衆院教育基本法特別委員会でも、小坂文科相が
「内心を評価してABCとつけるのはとんでもない」と強調し、通知
表の評価で行きすぎがあれば、是正を指導する考えを示しました。

愛国心評価行き過ぎは是正 衆院特別委で文科相」(共同、26日)

Re: 愛国心教育の評価

今日夕刻のフジテレビ系のFNNニュースも、このテーマを採りあげ
ていました。

昨日国会で問題になりました福岡の小学校の通知表は、市民の反対な
どで1年で取り止めになりましたが、埼玉県の45の公立小学校で、や
はり3段階で愛国心を評価しているとのことです。

昨日国会で、小泉首相は評価については否定的な答弁をしましたが、
行田市の津田教育長は「学習指導要領に基づいて評価しているので、
とくに問題は感じておりません」と述べています。

次のサイトでニュースの内容が紹介されています。録画もご覧になれ
ます。

http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00090652.html

愛国心教育の評価

教育基本法改定案の実質的な審議が昨日から衆院教育基本法特別委員
会で始まりました。

共産党の志位和夫氏が、福岡市の小学校で03年に使われた6年生の通
知表に「わが国の歴史や伝統を大切にし国を愛する心情をもつととも
に、平和を願う世界の中の日本人としての自覚をもとうとする」とい
う項目があり、3段階で評価されているのをどう思うかと質問したの
に対し、小泉首相は「う~ん、小学生には難しいね。あえてこういう
項目を持たなくてもいいのではないか」と答弁しました。また小坂文
科相も「子どもの内心に立ち入って評価するものではない」と答えて
います。

教育基本法改正案:愛国心教育、小泉首相『評価必要ない』」(毎
日、25日)
下記サイトで委員会の中継録画が見られます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=30810&media_type=wn

首相はその後の記者会見で「中学生も同じか」と問われたのに対し、
「そうねえ」と肯定しています。国旗国歌法の審議でも、当時の小渕
首相が「児童・生徒の内心にまで立ち至って強制しようという趣旨の
ものではない」と答弁していますが、 現実には東京都などで強制が
行われています。今の教育基本法の下でもすでに福岡のような前例が
ある「愛国心」の場合は、はたしてどうなるでしょうか?

愛国心教育

教育基本法の改正で与党の合意ができたことに関連し、MLに次のよ
うな投稿がありました。

> かって軍国少年時代に愛国心教育を「戦地に行き国のため、天皇の
> ため死ぬことだ」と骨の髄まで叩き込まれた私には見過ごすことで
> きない問題です。

同じく軍国少年だったの私には、“愛国心”という言葉にアレルギー
があります。

> 文字どうり「愛国心」は個人の心の問題で、法律や規則で規制する
> こと事態ナンセンスです。
> 国が押し付け強制する愛国心教育はどんなきれいごとをいっても眉
> 唾モノで危険だと思います。

かつて国旗・国家法について時の小渕首相が国会で「児童生徒の内心
にまで立ち入って強制するものではない」と答弁しましたが、実際に
は各地で事実上強制されています。

与党間で問題になった“愛国心”の表現については、「伝統と文化を
尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する」とすること
で合意したとのことですが、今朝の朝日新聞で池田香代子さんは、
「伝統や文化をはぐくむ主体は国でなく、人々だ。それを国がはぐく
むという表現はぎこちなく、なんとしても『国』『愛する』という文
言を入れたいとの意図が見え見え」と述べています。

同じく朝日新聞では、

< 安倍官房長官は今年2月、ライブドアの堀江貴文前社長が逮捕さ
れたことについて「やっぱり教育の結果だ」として、「教育基本法は
改正しなければならない。『国を愛する心を涵養(かんよう)する教
育』をしっかり書き込んでいきたい」と語った。>
http://www.asahi.com/politics/update/0412/013.html

とのことですが、ホリエモンを生んだのは、小泉改革が推し進める市
場自由化政策の結果で、安倍発言はまさに牽強付会といえましょう。
愛国心が強力に叫ばれていた戦時中でも、法の網をくぐる“闇”行為
は横行していました。

> 愛国心はコスタリカのように国が「非武装中立、平和憲法遵守」を
> 目指せば国民が誇りをもつて自然に育つ心ではないでしょうか?

同感です。政治家は、法律で強制するよりも、国民が心から愛せる国
づくりに励むべきでしょう。

______________

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。