スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集団自決」教科書訂正に関する各紙社説(続)

今日の産経新聞のコラム「産経抄」は<今さら改まっていうことでも
ないが、小紙は少数派に属しているらしい。きのうの各紙(東京版)
と見比べて、つくづく思った。>と書いています。

今日も昨日に引き続き、ほとんどの地方紙の社説が「集団自決」の教
科書改訂の問題を採りあげています。そのすべてが産経と対立する論
調です。東京版だけでなく、地方紙にも目を通したら、もっと「少数
派」であることがわかるでしょう。

「反面教師的な教訓が多い/沖縄・集団自決検定」(東奥日報)
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2007/sha20071228.html

「沖縄戦の教科書検定 検定意見は撤回すべきだ」(茨城)
http://www.ibaraki-np.co.jp/main/ronsetu.htm

「集団自決教科書 検定の矛盾が噴き出した」(新潟日報)
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp

「集団自決記述検定  透明性高める抜本改革を」(岐阜)
http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/

「教科書再検定/あり方を再考する機会に」(神戸)
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0000784829.shtml

「沖縄教科書問題 課題残した『灰色』の幕引きだ」(愛媛)
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200712283242.html

「【集団自決記述】 現行検定の限界示す」(高知)
http://203.139.202.230/?&nwSrl=221766&nwIW=1&nwVt=knd 

「沖縄戦教科書記述」(宮崎日日)
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?blogid=5&catid=15

「沖縄戦・教科書検定 制度の透明性を上げよう」(熊本日日)
http://kumanichi.com/iken/index.cfm#2651
 
「 [ 集団自決検定 ] 撤回はせず実質的に方針を転換した」(南日本)
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=200712&storyid=8402

「[教科書検定審報告(下)]幾つもの問いが残った」(沖縄タイム
ス)
< 次代を担う学生に希望したいのは、今回の検定事例を丹念に、さ
まざまな角度から検証する機会をつくってほしいということである。
大きな問いを引き受けることが戦争体験の継承と普遍化につながって
いく。>
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20071228.html#no_1

次の各紙も、昨日の社説に引き続きコラムでも採り上げています。

「卓上四季」(北海道)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/

「筆洗」(中日 / 東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2007122802075664.html

「金口木舌」(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/variety/storytopic-12.html

戦時中「一億玉砕」を信じていた軍国少年OBとしては、「卓上四季」
の次の一節にいたく同感しました。

<▼考えてみれば、直接の命令がない自決があったとは、むしろ恐ろ
しいことだ。学校や地域も、軍や政府と一体になり、「軍国」日本と 
して戦争に加わった。その宣伝や教育の結果だろう。集団自決を強い
たのと同じ熱病は、沖縄だけでなく全国にまん延していた>

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/937-9c1ea1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。