スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏ルモンド紙が靖国神社ルポ

10日付のフランスの有力紙ルモンドが、「毒を塗られた日本の記憶」
と題する靖国神社ルポを掲載し、戦前の「超国家主義のイデオロギー
的支柱」であった同神社が現在も「政治的なメッセージを伝えている」
と述べたと、11日のしんぶん赤旗が伝えています。また併せて、8日
付の米ボストン・グローブ紙の社説も紹介しています。

<記事は、同神社の戦争博物館、遊就館にある機関車と零式戦闘機に
注目。機関車が走ったのは現在のタイとミャンマーの国境に敷かれた
鉄道であり、「この鉄道建設は困難を極めた」との説明文があるもの
の、建設工事でタイ人や中国人ら六万人、戦争捕虜一万五千人が犠牲
にされたことにまったく触れていないと指摘。また当時、最優秀機と
された零式戦闘機が一九四〇年に重慶爆撃に使われたことでも「民間
人の死者二万人を出したことが述べられていない」とし、「一九三七
年の南京『事変』の扱いと同じ省略だ」と書いています。>

仏・米紙が「靖国」批判 首相参拝は軍国主義免罪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/89-ccca3134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。