スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄戦の集団自決問題の真相(林博史)

ウェブサイト「マガジン九条」の「この人に聞きたい」シリーズに、
戦争責任についての研究で知られる、関東学院大学教授の林博史氏が
登場しました。第1回は、自身の著書も深く関わることになった、沖
縄戦での集団自決をめぐる教科書検定問題について、詳しく聞いてい
ます。

林博史さんに聞いた その1 沖縄戦の集団自決問題の真相

林氏は沖縄戦などの反省を踏まえて、最後に次のように語っています。

<林  そうです。「軍隊を持たない」「非武装を貫くべきだ」など
というと、なんだか非常に立派な人格者みたいだけど(笑)、そうじ
ゃなくて、もっと自分のエゴで考えても、軍隊を持たないほうがかえ
っていい。自分の身が一番大事だからこそ、軍事力はないほうがいい
んだということ。それが自分にとってもいいだけでなく、ほかの人々、
ほかの国の人々にとってもいい。

理念や理想で考えるのも大事ですが、それよりは、そういう現実的
な議論をもっとしたほうがいい。改憲論議の中では、軍隊を持つこと
のほうが「現実的」だと言われることが多いけれど、軍隊で守ること
こそが「空想的」「観念的」であって、持たない方がずっと「現実的」
だ、というふうに、それをひっくり返さないといけないと思うんです。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/883-cbfcbb54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。