スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女看護隊を救った軍医

沖縄戦での「集団自決」が問題になっていますが、自決を決意した看
護隊の女学生に、「生きて必ず親元に帰れ。そして悲惨な戦いを後世
に伝えよ」と諭し、自らは命を絶った軍医もいました。

56年目の遺書 ~少女看護隊を救った軍医~

そのおかげで生き残った沖縄・積徳高等女学校の元看護学生12人がこ
のほど、長野県佐久市にある命の恩人・故小池勇助軍医のお墓にお参
りしました。

小池軍医:『生きて帰りなさい』諭して自決 生還の12人が墓参
--佐久 /長野
」(毎日長野版、26日)


スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/851-0b7f9d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。