スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集団自決」教科書検定見直しに関する社説(続)

「集団自決」をめぐる教科書検定問題に関する各紙社説を去る3日ご紹介しましたが、それ以降も全国各紙の社説で次々に採りあげられています。


「教科書検定 沖縄の怒りに応えよ」(信濃毎日、3日)
< 検定意見を出す審議会は、政府から独立した立場のはずだ。しか
し今回は、文科省が事前に作った調査意見書の中に集団自決の記述修
正の方針が示されたことが明らかになっている。それを審議会は追認
した。これでは、復古調の教育を目指した安倍前政権の意向を反映し
たとみられてもやむを得ない。>
http://www.shinmai.co.jp/news/20071003/KT071002ETI090003000022.htm


「教科書再修正 検定の矛盾が噴き出した」(新潟日報、3日)
<  旧軍の関与が削除されたのは、自決命令の有無をめぐって、係争
中の裁判があることなどが理由とされた。それ以上に、保守回帰志向
を鮮明にした安倍前内閣の誕生が、検定に影を落としたのは間違いあ
るまい。>
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp?syasetsuNo=867


「集団自決強制の記述削除 沖縄県民の心受け止めよ」(岐阜、3日)
< こうした検定に、執筆者の1人から「こんな乱暴なやり方は官僚
はやらない。政治介入があったとしか思えない。かつてなかった異例
の検定だ」との指摘が出たほどだ。>
http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/sya20071003.shtml


「集団自決記述 『軍強制』を速やかに回復させよ」(愛媛、3日)
< 抗議の県民大会で高校生代表は「たとえ(戦争が)醜くても真実
を知りたい。学びたい。そして伝えたい」と訴えた。歴史の真実は曲
げてはならない。>
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200710032027.html
 
「『集団自決』記述 検定の在り方を見直せ」(中国、4日)
< 記述の判断を第三者に委ね、政治介入を防ぐのが審議会の狙いで
ある。それが文科省の意見を追認するだけの場になっていたとすれば
問題は大きい。
  再び同じようなことを繰り返してはならない。文科省は検定制度の
在り方を見直すべきである。>
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200710040110.html


 「『集団自決』検定 審議会の在り方も問われる」(熊本日日、4日)
 <  だが、歴史研究では「軍が強いた」という見方は通説だった。
 今春まで同様の記述が認められていたのもそのためだ。それなのに
 確定していない裁判の原告の主張をくむような形で、検定意見を示
 したこと自体、おかしな話だった。>
http://kumanichi.com/iken/index.cfm?id=20071004


「教科書検定 小手先の修正で済まぬ」(北海道、5日)
<だが、検定意見をそのままにしておいて、教科書の記述内容だけを
変えるというのでは筋が通らない。
  文科省は検定意見を撤回し、理由を丁寧に説明する必要がある。お
茶を濁しただけの修正ならごめんだ。>
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/53293.html


「『集団自決』強制 /教科書の記述復活は当然だ」(河北新報、6
日)
< 過去の醜い事実でも覆い隠すことなく、きっちり示し、2度と戦
争を起こさないようにすることが肝心だ。決して政治権力の意向に沿
って史実を美化したり、曲げたりしてはならない。>
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2007/10/20071006s01.htm


「混乱踏まえ検定制度見直しを」(日経、7日)
<  本質的には、教科書に国が深く関与し、画一的で重箱の隅をつつ
く形の検定を続けていることが今回のような問題の根底にある。それ
を踏まえ、検定をもっと弾力化すべきだろう。少なくとも、義務教育
ではない高校の教科書では検定廃止・自由化の道を探る時期に来てい
る。>
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071006AS1K0600206102007.html

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/832-3bace939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。