スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集団自決」教科書検定見直しに関する社説

「集団自決」をめぐる教科書検定問題について、政府でも見直しの動
きが出てきましたが、これについて今朝の各紙は賛否さまざまな論評
を掲載しています。


「沖縄集団自決 検定への不可解な政治介入」(読売)
< しかし、史実に基づいて執筆されるべき歴史教科書の内容が、
「気持ち」への配慮や、国会対策などによって左右されることがあっ
てはならない。
  時の政治状況によって教科書の内容、記述が変わるのであれば、中
立公正であるべき教科書検定の制度が、その根底から揺らぐことにも
なりかねない。>
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071002ig90.htm


「集団自決記述 『軍強制』復活ですむ話ではない」(毎日)
<  だが、記述復活や修正で事は解決なのか。そんな取り繕いでは沖
縄の怒りを真に理解できず、状況次第でころりと変わるような教科書
検定制度への不信も募らせることになる。文科省は自らの言葉で、今
回の転換と経緯について誠実に説明しなければならない。>
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/


「教科書検定 政治介入排し事実正確に」 ( 産経)
< 教科書には実証に基づいた正確な記述が必要だ。政治的思惑で歴
史事実を書き換えることは許されない。>
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071003/edc0710030255002-n1.htm


「教科書検定/沖縄の総意が山を動かす」(神戸)
<  確かに、専門家の間には論争がある。すべての集団自決に軍の
関与があったのか、指示や命令がどのようになされたのか、今となっ
ては証明は難しい。だが、少なくとも多くの戦争体験者が軍の関与が
あったとしてきた証言を軽視すべきではない。これまで教科書が採用
してきた見解を覆す根拠は乏しい、というほかない。>
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/index2.shtml


「 [ 集団自決記述 ] 検定意見も見直すべき」(南日本)
< 未来を担う子どもたちに、歴史の実相を見誤らすような教科書を
与えることは避けたい。正面から検定意見の当否についてきちんと検
証する一方で、審議会や検定制度のあり方も見直す必要がある。>
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=200710&storyid=6925


「教科書記述訂正 説明責任は済んでいない」(琉球新報)
< 何よりも批判されるべきなのは、事ここに至るまで、記述の削除
・修正を求める検定意見が出された経過に関し、文科省が何一つ説明
責任を果たしていないことだ。>
http://ryukyushimpo.jp/news/storytopic-11.html


<[記述復活の動き]収拾策の中身が問題だ」(沖縄タイムス )
< 私たちが切実に知りたいと思っているのは、沖縄戦の「集団自決」
について福田康夫首相がどのような歴史認識をもっているのか、政府
はどのような見解をもっているのかということである。>
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20071003.html#no_1

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/828-d6a7685a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。