スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセル地蔵

毎日新聞東京版では、「戦跡を歩く:07年夏」シリーズを連載中で
すが、今日は八王子市にある「ランドセル地蔵」を紹介しています。

< 八王子市泉町の相即寺。この寺の地蔵堂に、灰色にすすけたラン
ドセルを背負った地蔵がいる。「終戦の年から62年間、背負い続け
ているのです」。住職の豊島康明さん(78)が語り始めた。

ランドセルの持ち主は、品川区の原国民学校から寺の近くの施設に
疎開していた当時9歳の神尾明治君。1945(昭和20)年7月8
日昼、米軍機の銃撃が明治君の命を奪った。悲しみにくれた母喜美枝
さんは、地蔵にわが子の面影を見て、遺品のランドセルを背負わせた
という。>

戦跡を歩く:07年夏/4 八王子市・ランドセル地蔵

ランドセル地蔵については、下記サイトで詳しく説明されています。

ランドセル地蔵

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/782-91038f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランドセル地蔵

ランドセル地蔵での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。