スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「8・15靖国参拝」をめぐる論評

今日の産経新聞の「正論」欄で、高崎経済大学の八木秀次教授が、安
倍首相はじめ閣僚のほとんどが8月15日に靖国参拝をしなかったこと
を強く批判しています。

彼はまた、その原因は中国などが歴史を政治に利用するからだと主張
し、慰安婦や南京事件などについても、中国、韓国そして最近ではア
メリカまでもが、政治に歴史を利用していると批判しています。

もう自分たちの歴史認識が国際的には通用しないことが明らかになっ
てきた故の焦りからでしょうか、まるで日本流に「過去のことは水に
流せ」といっているように感じられます。

高崎経済大学教授・八木秀次 靖国参拝見送りは『不戦敗』の容認

一方今日の「しんぶん赤旗」は、アメリカ側の動きについて次のよう
に伝えています。

< 米誌『タイム』(電子版)は十五日、靖国神社を参拝しなかった
安倍首相について「日本の安倍首相、神社に現れず」と題して伝えま
した。「故意に中国や韓国などの隣国を挑発した」前任の小泉首相よ
りも「個人的にはより保守である政治家」の安倍首相が参拝しなかっ
たのは「前向きな動き」だとしながらも、靖国神社は「日本とアジア
諸国の関係においてとげ」となってきたと、この問題を注視していま
す。>
「『慰安婦』決議採択の米 『靖国』派の対応を注視

なお昨日「靖国参拝についての各紙社説」をご紹介しましたが、今日
は西日本新聞の社説が採りあげています。

「『あり方議論』深める時だ 靖国参拝問題
< 「靖国」問題が外交問題として沈静化しているいまこそ、国の戦
没者追悼のあり方を外国の声にわずらわされることなく再考する、い
い機会だと考えたい。>
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/773-3dc3d804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。