スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒロシマナガサキ」と「 TOKKO -特攻」を観て

大阪・十三の第七芸術劇場では、お盆の期間中(今日まで)「ひめゆ
り」「ヒロシマナガサキ」「 TOKKO -特攻」の3作品を連続上映し
ていますが、昨日このうち後の二つを観てきました。

連日満員の盛況だそうで、開演1時間ほど前に行ったのですが、入場
整理券は定員140名のうち70番台の番号でした。どうしてこういう映
画をもっと大きな劇場で上映しないのでしょうか?

ご承知のように、この2作はともに若い日系アメリカ人が監督をした
ものです。日米両国の文化に通じた監督だけに、いずれも過去の戦争
をどちらにも偏らず客観的に描いているように思いました。

私にとっては、内容はとくに目新しいものではありませんでしたが、
原爆や TOKKO のことに無知な多くのアメリカ人や日本の若者たちに
はぜひ観てほしいものです。

ただ一つ、私にも初めての映像がありました。それは「ヒロシマナガ
サキ」で映された、米海軍が兵士たちに日本のことを教育するために
作成した映画です。

それがスクリーンに流れたとき、ふと連鎖的に頭に浮かんだのが、こ
の数年テレビでよく見る北朝鮮の映像です。当時のアメリカ始め世界
の人たちがわれわれ大日本帝国をどのように観ていたが、改めて感じ
られました。
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/772-39f18421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。