スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相の「8・15靖国参拝」は?

安倍首相は7日、終戦記念日の15日に靖国神社に参拝するかどうか
について、「参拝する、しないについては申し上げないことにしてい
る」とお決まりのせりふを述べましたが、参院選惨敗後の政局から15
日の参拝は見送る公算が大きいとみられています。

靖国参拝:首相、15日は見送りへ 小池防衛相も参拝せず」(毎
日、7日)

これに対し今日の産経新聞は、安倍首相は「8・15靖国参拝」をす
べしとする花岡信昭・客員編集委員の意見を掲載しています。

「【政論探求】安倍首相は靖国参拝をしてはどうか
<どっちみち、安倍首相には年内に参拝するのかどうかの決断が迫ら
れていた。中国の靖国をめぐる姿勢にも、胡錦濤体制が盤石になるに
つれて変化が見られる。一時的に反発してもかつてのような泥沼的反
日攻撃は抑制する可能性がある。
反転攻勢のきっかけをどうつかむか。それには「8・15参拝」が
最もタイムリーであり、政権基盤の再構築につながるように思える。


例の慰安婦問題で「意見広告」を出した花岡氏らのグループには、最
近の安倍内閣の危機を挽回するためには、もっと首相が国家主義的色
彩を明確にすべしという意見が強いようですが、それもまた逆効果に
なって、政権基盤の瓦解につながるであろうことがどうして理解でき
ないのでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/749-e8e4d664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。