スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍慰安婦と南京事件

今話題になっています、ワシントンポストに掲載された従軍慰安婦に
関する「意見広告」は、元々南京事件についての意見広告を出す予定
が、アメリカの各紙に断られて、慰安婦問題に切り替えられたものです。

この広告を出したグループは、南京事件も幻であったと主張したかっ
たのでしょうが、実は南京事件が従軍慰安婦を生み出したといえるの
です。

これについては、日中戦争に従軍経験のある歴史学者・藤原彰が「南
京の日本軍」(大月書店、1997)で詳しく述べていますので、その一
部を以下引用します。
戦争初期の二年間の、軍紀上の犯罪の傾向として、予備役、後備役な
どの応召者にとくに多く、それが「聖戦完遂ヲ妨害スル」悪質なもの
であるということは、軍部当局においても認識されていたということ
ができる。とりわけ強姦が、相手国民にあたえる影響が大きく、徹底
抗戦の意志をかきたてるものだということは、自覚されていたのであ
る。だがその唯一の対策が、軍が管理統制する「慰安施設」であった
ということは、軍中央の考えとしては、いかにも次元が低いといわな
ければなるまい。

この「軍紀振作対策」には、「主トシテ事変地二於テ著意スベキ事
項」として、次のような慰安施設にかんする事項が掲げられている。

事変地二於テハ特二環境ヲ整理シ慰安施設二関シ周到ナル注意ヲ払
ヒ、殺伐ナル感情及劣情ヲ緩和抑制スルコトニ留意スルヲ要ス

環境ガ軍人ノ心理延イテハ軍紀ノ振作二影響アルハ贅言ヲ要セザル
所ナリ。故二兵営 ( 宿舎 ) 二於ケル起居ノ設備ヲ適切ニシ、慰安ノ
諸施設二留意スルヲ必要トス。特二性的慰安所ヨリ受クル兵ノ精神的
影響ハ最モ率直深刻ニシテ、之ガ指導監督ノ適否ハ志気ノ振興、軍紀
ノ維持、犯罪及性病ノ予防等二影響スル所大ナルヂ思ハザルベカラズ

つまり慰安所にたいする指導監督の適否が、「志気ノ振興、軍紀ノ
維持、犯罪及性病ノ予防」に大きくかかわるのだとしている。

南京攻略にあたって、日本軍将兵による中国人女性にたいする、お
びただしい数の強姦、強姦殺人が発生したことは、一章の「5市民へ
の残虐行為」で述べたように、中国にも世界にも知られた。それだけ
でなく軍中央も、このことが相手国の敵愾心をかきたて、戦争遂行に
有害であると認識したのである。また性病の多発が、戦力を低下させ
ていることは、前節の「軍紀風紀の頽廃」の項であきらかにした。そ
の対策が、慰安施設の整備、慰安所の指導監督の強化であったという
ことに、この時期の日本軍の特質を見ることができるのである。

すなわち南京攻略にさいして多発した強姦事件が、軍紀の維持、志
気の振興のためには慰安施設が不可欠だとする認識を軍上層部にもた
せることになったのである。翌年の武漢攻略戦のさいには、兵站の一
部のような形で慰安婦を同行させたと軍司令官が語っている。軍が組
織的に慰安所を設けることは、たちまち全戦線にひろがった。そのた
め必要となった大量の慰安婦は、朝鮮、台湾などの植民地、あるいは
占領地から直接に調達された。その方法は、欺瞞や強制拉致などさま
ざまであったが、大部分の女性は「婦人児童の売買禁止に関する国際
条約」が禁止している二一歳以下の未成年者であった。慰安所におけ
る彼女たちの処遇は、人権のひとかけらも認められない性奴隷そのも
のであった。それは軍の管理統制のもとにおかれた、組織的な強姦に
ほかならなかったのである。そこには人権無視と民族差別の極限の状
態が示されていたというべきであろう。ここにも南京事件が引き起こ
した、大きな問題が存在している。
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/741-9ff60abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。