スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百一師団長日誌

今朝の朝日新聞の文化欄に、このほど出版された「第百一師団長日誌」
(中央公論新社)が紹介されています。これは日中戦争勃発後、急遽
予備役、後備役を集めて編成された第101師団の師団長・伊藤政喜中
将の日誌です。

第百一師団長日誌―伊東政喜中将の日中戦争

<宮地正人・前国立歴史民俗博物館長(日本近代史)は「時間がたち、
ようやく公表されるようになった史料のひとつだろう。訓練もしない
で投入された予備役部隊の実情がわかる。南京事件など異常な事態を
招く背景をうかがわせるものだ」と語った。>

陸軍士官学校出身の歴史学者であった藤原彰も、その著「南京の日本
軍」で、南京事件の背景と原因のひとつとして、予備・後備兵の増加
による「軍の素質の低下」を挙げ、次のように書いています。

<いままで見てきたように、急速な軍隊の拡大による幹部と兵の素質
の低下、とくに軍隊経験をもち年齢の高い後備兵の増加が、軍紀風紀
の頽廃の原因となったのである。その対策の一つが、組織的な慰安施
設の導入となり、軍みずからが管理と統制に乗り出すことになったの
である。>

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/730-6fbfdbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。