スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「軍曹が命じた」集団自決

教科書検定をめぐり、沖縄戦での住民の「集団自決」が軍の命令であ
ったかどうかが問題になっていますが、軍が配った手榴弾で住民たち
が集団で自殺したという例は多いようです。

今日の朝日新聞夕刊には、<兵器係の軍曹が住民二十数人に手投げ弾
を2個ずつ配り、「敵に遭遇したら1発は敵に投げ、捕虜になる恐れ
のある時は残りの1発で自決せよ」と訓示した>という例が紹介され
ています。

62年前に見た集団自決の現場 『軍曹が命じた』」

また戦争末期の北海道でも、軍が三百万発の手榴弾の製造を計画して
いたとのことです。当時製造の命令を受けた、弾薬庫勤務の曹長は、
「手榴弾は道民に配られ、最後まで敵に抵抗した上で、いざというと
きは沖縄と同じように自決のために使うのだと直感した」と証言して
いるそうです。

旧軍、手榴弾300万個発注/45年5月 米軍の北海道侵攻備え
(沖縄タイムス、23日)
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/693-a446071a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。