スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のビルマ戦記(10)

引き続き、小安歸一さんの「私のビルマ戦記」第10回をお送りします。

3 戦傷病患者の生活―1

私は19年11月14日に北ビルマのピンウエの戦闘にて右大腿部
等を負傷して、15日に陽が暮れて遅く聯隊本部に帰還した。翌11
月16日から戦傷患者としての生活が新たに始まり、年明けて昭和2
0年3月6日イラワジ河畔のイワボウで聯隊に復帰した。その間の、
出来事、体験したこと、また感じたこと等を書いてみたい。

1)負傷から野戦病院入院まで

私たちが聯隊本部に着いた時には、重傷で原田上等兵が付き添って
下がった高野中隊長は、第3大隊本部の古畑軍医の野戦では大変困難
な血管の外科手術を行ってもらい、一命は取り留めたと聞いた。古畑
軍医は腕のいい外科医であると聞いていた。本当によかったと思った。
(軍医は京都・亀岡市におられる。)

今日から愈々独歩患者として第1線の戦場を離れて後方に下がるの
である。聯隊の皆に別れの挨拶をして、高野中尉も原田上等兵を連れ
て下がるというので同行することにした。原田上等兵は聯隊の食糧補
給をやっていたのでビルマ人の扱いは慣れたものであった。それで途
中の食糧や民家との交渉などには大変助かった。しかし私は脚を負傷
していたので皆と同じようには歩けなかった。何時の間にか私は一人
で行動するようになっていた。また厭でも応でも自分の足で歩く以外、
鉄道の列車あるところまでは交通機関はなかった。確か当時はメザ河
の鉄橋を越えなければ列車は走っていなかったと思う。そこまで痛む
足を引きずりながら、ある時は敵の空襲を受けて避難したり、またあ
る時は食糧探しに民家に行った。

この道は約3ヶ月前に前線へ行く時通うったあの北ビルマの白骨街
道である。今自分自身独歩患者として一人この道を歩いている。あの
時目にしたような行き倒れの独歩患者にはなりたくないと、自分に強
く言い聞かせながら一歩一歩歩んだ。数日すると大腿部の傷口の痛み
が酷いので包帯を取って傷口を見ると、何と驚いたことに傷口に蛆が
わいていてこれが膿を吸うので痛むことが判った。早速蛆を取り除い
て新しい包帯に取り替えた。メザから先は台車や列車に乗せてもらい、
約1週間くらいかかってやっとサガインの第53師団(安兵団)の第
2野戦病院にたどり着いた。

先ず軍医さんによる診察があって、早速右大腿部の手術にかかり、
簡単に鉛の塊の弾を取り出してくれた。噴霧冷却による局部麻酔をし
て痛みが少ないように処理してくれたようである。弾は1センチ位の
鉛の塊で先は尖っていて片方は丸くなっていた。鉛が出てきたのには
驚いた。敵はダムダム弾でも使っていたのであろうか。とも角体内か
ら異物を取り出してもらい、その夜はグッスリ眠ることが出来た。右
手甲の傷は手術に手間がかかるので後方の病院でやるよう説明があっ
た。安の野戦病院では2~3日休養してまた後方に下がった。

2)岡田聯隊長戦死の情報は速かった

安の野戦病院を後にしてサガインのイラワジ河の渡河点に来ていた。
イラワジ河はビルマ第1の大河である。サガインと対岸のマンダレー
を結ぶ大鉄橋は今敵の爆破により破壊されていた。従って私たちは工
兵隊の鉄舟に乗ってマンダレーの渡河点まで行くのである。マンダレ
ーはビルマ第2都市で旧王宮の跡がある古い街である。またビルマの
中央に位置し交通の要衝で、戦時中でも物資の集まるところであった。
マンダレーの兵站か兵站病院で偶然にも高野中尉一行と出会った。私
が一人で行動しているのを見て、原田上等兵が3大隊本部の吉見衛生
兵長を私に紹介した。若しよければ私の当番兵としてはどうかという
ことであった。私も身体の具合はだいぶ良くなったが、食事から何か
ら自分一人やっていることも大変であったので、暫くの間面倒を見て
もらうことにした。衛生兵なら何かの時に役立つとも思った。

大きく見た戦場というものは、第1線の敵と直接戦闘をしている戦
場、この第1線の将兵に武器弾薬・医薬品・食糧・被服などを輸送す
る兵站、野戦病院、通信、航空等と後方の軍司令部等様々な機能から
構成されている。そしてこれ等の機能が正常に適時適切に働いてはじ
めて、戦争の戦略戦術がうまく運ばれると思う。難しいことはさてお
き、私の目に写った戦場離脱者(遊兵)と思しきものの多さである。
原隊を離れる時は戦傷者・戦病者として軍医や所属隊長の許可の下後
方に下がるのであるが、一旦原隊を離れると直接の管理者が居なくな
る。そこで病院ゴロとか兵站ゴロとか言う心得違いのものが出てくる
のである。これは何処の世の中でもあることである程度はいたし方の
ないことであると思う。

私が吉見兵長を当番兵として使うことを躊躇した所以である。マン
ダレーから直接兵站病院のあるメークテーラに行こうとしたが、直行
の列車が取れず途中のキャウセで降ろされた。キャウセには何もやる
ことは無かったのである。メークテーラへ行く中継点として寄ったの
である。街は爆撃で被害を受け閑散としており、ここにも日本兵の患
者や遊兵と見られる者が多かった。私たちも次の列車待ちで市街の民
家の軒下で佇んで、時の過ぎるのをじっと待っていた。

確か12月の3~4日と記憶している。何処からと無く「岡田聯隊
長が戦死された。」と、言うニュースが聞こえてきた。あの温厚な情
の厚い聯隊長がと我が耳を疑った。普通なら前線のニュース等入らな
いのに、聯隊長戦死の報はどうしてキャウセに居る私に伝わったのだ
ろう。不思議なことだと思った。誠にお気の毒なことと、遥か北方の
空を拝んでその冥福の安らかなことを祈った。後日分ったことである
が、岡田聯隊長には12月1日付きにて陸軍少将に昇進されラングー
ン兵站司令官に転補される旨のご沙汰があったのに、ピンウエの南方
にあるナバにて敵迫撃砲弾の破片により致命傷を受けられ戦死なされ
たと聞いている。本当に惜しい方を失ったものである。 合掌 岡田
聯隊長の後任には菊池大佐がラングーンより来られたとのことであっ
た。

その後もキャウセから何時メークテーラに下がる当てもなく民家の
下で数日を過ごした。戦争というものは、第1線で戦闘している者、
負傷病気で後方に下がる者、また傷病が治って前線復帰する者など色
々であった。しかし、哀れに感じられるのは傷病兵の後方に下がる姿
であった。所持品といえば飯盒、水筒を持っていればまだいい方であ
った。衣服にしても、服は汚れてボロボロ(ボロ安の姿)、靴だって
満足に履いている兵隊は少ない。その上大抵の傷病兵は食糧不足や栄
養不足から脚気にかかって脚が膨れ上がっていた。また顔から足のさ
きまで疥癬にかかって皮膚は黒ずんでいる者が多かった。これ等の傷
病兵は当てどもなく食糧を探し回り、そのうちに疲れ果てて行き倒れ
になり、死んでいった者が随所に見られた。言うなればこの世の地獄
ともいうべき光景である。行き倒れになった者が何か持っていないか
と探している内に、その本人も重なり合って死んでいたりしていた。

そうこうしている内に、私は幸い列車でメークテーラの兵站病院に
入院することが出来た。メークテーラは中部ビルマにある要衝の都市
であるので、兵站病院も規模は大きく患者も沢山居たようであった。
私は此処で診察を受けたが2~3日で、次の兵站病院のあるカローに
送られることを指示された。私はこれから先どこまで後送されるか分
からないので、当番兵の吉見兵長を原隊復帰させることにして、本人
にこのむね伝えてメークテーラで別れた。短い期間ではあったがいろ
いろと世話になったことを感謝した。

メークテーラの兵站病院からカローへはトラック輸送ということで、
患者の将兵が大勢積み込まれた。ビルマにてトラックの街道を走るの
を見たことがあったが、トラックに乗せてもらい輸送されたのは初め
てであった。敵飛行機の襲撃を避けて夜半に出発し翌朝早くカローに
着いた。時に昭和19年12月20日ごろであった。       
       (2005-1-13記)

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/687-eff64f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。