スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のビルマ戦記(7)

引き続き、小安歸一さんの「私のビルマ戦記」第7回をお送り
します。       続 生と死の分れ目 (北緬の白骨街道を往く)
                  
1 はじめに

メイミョウから師団司令部のあるホピンまでの約40日間 ( 昭和
19年7月10日頃から8月20日頃まで ) の私たちの行動は、何
らかの形で文章に残して置きたいとの思いで書いたものである。ここ
で私たちが自分の身体で体験し、自分の目で見たこと、自分の頭で考
えたこと、自分の心で感じたこと等、殆どのことがかつて経験したこ
との無い事ばかりであった。戦争・戦場とはこう云うものか、前線と
後方の中間地帯の傷病兵の置かれている状態等について、私の感じた
ことを述べたいと思う。

2 雨季の鉄路を徒歩で北へ 

ビルマの避暑地メイミョウを出発した私たち5名の見習士官と、第
一線まで引率する退院患者の兵・下士官の一行は、列車にて先ずマン
ダレーに行った。

マンダレーの貨物廠にて背嚢・飯盒・水筒など戦地で通常必要とす
る装具の支給を受けた。マンダレーの兵站にお世話になり、サガイン
でイラワジ河を工兵隊の鉄舟で渡り ( サガインの大鉄橋は爆破され
ていた ) 、つぎの渡河地点メザまで列車で行くことが出来た。戦地
で30-40の兵員が共に行動することは、建制の部隊ならいざ知ら
ず、見習士官が引率する寄せ集めの集団では大変な困難を伴った。

鉄舟・列車に乗るにしても交渉相手は、戦地に経験の浅い見習士官
の言う事等オイソレと聞いてくれない。そこで5名の見習士官は相談
の上、もう任官している筈だと云う事で、曹長の襟章を少尉の襟章に
着け代えることにした。見習士官と陸軍少尉とではこれまでと違い、
全ての交渉ごとがスムースに出来るようになった。

一難去ってまた一難、ビルマ新参の私たちは次々と風土病のデング
熱に罹り、熱にうなされ行動が遅遅として進まなかった。メザから先
は列車も無く無蓋の台車を牽引車が引いて北進した。雨季も最盛期に
なり行動は困難なものであったが、未だ台車に乗せてもらっている間
はよいほうであった。その台車もやがて無くなり、雨の降りしきる中
鉄道線路の枕木の上を、一行は自分の脚で一歩一歩北へ向けて前進を
続けたのである。鉄道線路はこの先終点のミイトキーナまで延々続い
ているのである。ただ列車が走っていないだけである。北進を続けて
行くうちに日中の行動は、街道荒らしの異名をとる敵爆撃機B-25
の格好の攻撃目標となり危険を感ずるようになった。そこで私たちは
日中避難して休み、夜間行軍することにしたのである。

北ビルマには兵站が少なかったと記憶している、そこで近くの民家
などを探して世話になったこともあった。ある民家には品のいい初老
の婦人が一人で暮らしていて、私たちと親しく家族の状況など話した
こともあった。家の中にはシンガーのミシンが置いてあった。ビルマ
は英領であったので肯けるが、シンガーのミシンがこんな奥地まで販
売されていることには驚かされた。

3 白骨街道を北へ往く

連日雨が降りしきる中、日が暮れる頃から私たち一行は、鉄道線路
の枕木の上を一歩一歩踏みしめながら北を目指してひたすら進んだ。
ある夜私が一行の先頭を何時ものように枕木の上を歩いていた。雨が
降り暗いので線路と枕木だけを見ながら歩いていたら、突然グニャッ
とするものを踏んだのである。ビックリしてよく見るとそれは友軍の
兵隊の屍骸であった。前線から負傷か病気で下がってくる途中で行き
倒れになり息絶えたものと思われた。これが戦地に来て初めて死者を
見たのである。

これから先は鉄道の駅舎に近着くと、先ず死臭が鼻をつくのである。
駅舎付近にはボロボロの汚れた軍服を着た屍骸がゴロゴロ横たわって
おり、また中には虫の息の兵隊が「兵隊さん、水を下さい」と、哀れ
な声を掛けてくる者もいた。この区間の鉄道線路は鉄橋が殆ど爆撃で
落ちていたので列車は走っていなかった。トラックなど走る道路はあ
ったであろうが、地図を持たない者は線路を徒歩で歩く以外の交通手
段は無かったのである。それ故戦傷患者や戦病患者 ( 所謂独歩患者 )
は、後方の野戦病院に収容される前に力尽きて行き倒れになり、駅舎
付近などで息絶える者が多かった。

北ビルマの駅舎付近はどの駅でも同じような状況であったので、北
緬の白骨街道と云われるようになったのであろう。今静かに考えると
この仲間の中には、128聯隊の戦友の方でモガウンなどの緒戦に戦
傷・戦病になられた方も居られたのではないかと思うと甚だ心痛むも
のがあります。ご冥福をお祈りするだけです。

またこの様な状況にあったことは、軍の参謀や上層部は分かってい
たことで、ただ前線に将兵を送り戦闘をさせることばかりが戦争では
無いと思います。軍の参謀や上層部は後方におって、何らの処置もせ
ずこれ等の状況を放置していたことは許せないことです。尤も制空権
は敵が反攻に転じてからは完全に敵側にあり、私もビルマ来て以来一
度も日本軍の飛行機にはお目にかかったことはありません。

4 マラリヤとレーション(ration)

連日の雨中の夜行軍、何時しか疲労も重なりマラリヤに罹る者が多
くなった。毎日の食糧も当時どうやって手当てしたか、今考えてもよ
く分からない。何とか食い繋いで来たのであろう。一行の健康状態や
栄養状態は悪くても良いはずはない。マラリヤは初めのうちは30分
位寒気がして身体がガタガタ震え、その後40度位の高熱が出てうな
されたりして体力が極度に消耗する熱病である。食欲が無くなりまた
気力も無くなる。蚊が媒介する伝染病で3日熱・4日熱・熱帯熱の3
種類があり、永くマラリヤに罹っているとこれ等3種類の菌が混合し
て、何時でも毎日でもマラリヤによる熱発を起こすことが当り前 (
常習 ) になる。マラリヤは熱病そのものより、熱病による余病が多
くあり実はこの余病が恐ろしいのである。余病の主なものは脚気、脳
症 ( 悪くすると気が狂うこともある ) など等死に至る恐ろしい病で
あり、将兵の殆どはマラリヤに罹っていた。

当時日本軍でマラリヤの治療薬としては特効薬キニーネがあったの
みで、余りビルマのマラリヤには効き目が無かったと記憶している。
軍としてはマラリヤ対策など余り関心が無かったのではないかと思わ
れる。

戦場の前線での食事は通常各自が携行している飯盒で飯や汁を炊き
食べるのである。北ビルマでは後方からの食糧・弾薬・医薬の補給は
殆ど無く、現地で籾・岩塩・ジャングル野菜 ( 野草 ) を調達してい
たのが実状であった。従って私たち一行もある時は兵站から、またあ
る時は原住民から、ある時は自分達で米を炊いたりして飢えを凌ぎな
がら北進したのである。

一方敵は陸上輸送の出来ないところは、完全に制空権を握っている
ので輸送機からパラシュートを降下し、食糧・弾薬・医薬を色分けし
て補給していた。それが敵の陣地に落ちないで偶々原住民の部落に降
りた食糧のパラシュート、それを拾った原住民は中のレーション
( 1日分の食糧・ビスケット・チョコレート等とタバコ3本入り )
を、私たちに1個25ルピアで売り付けたのである。我々も物珍しさ
と空腹を癒すため高いと思いつつも一つ買い求めた。流石アメリカ製
カロリーは中々高いものであった。この様に日本軍と敵との優劣は兵
員・武器弾薬・航空機・兵站何れを見ても比較にならない事実を戦う
以前に見せ付けられた。こんなことを経験しながら私たちはホピンの
師団司令部にたどり着いたのである。

5 おわりに

茲まで私が経験してきた40日間のあらましの行動に着いて述べて
きた。第一線で戦闘をする前に経験したことを、現在の環境で思い起
こして書いているので、ある面では思い違いもあり、またある面では
忘れたこともあるので、この点はご了承願うこととする。この様な状
況下にあったビルマに、何の目的があって30萬超の兵員を送り込ん
だのか其の真意が分からない。また送り込んだら最後まで面倒を見る
のならいざ知らず、置き去りにされた兵員はどうなるのであろう。
「一将功成りて万骨枯る」と云う諺があるが、結果的には一将の功も
成らなかったのである。合掌      ( 2004-9-26 記 )

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/682-02afc741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。