スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊の「監視」活動に関する各紙社説

昨日ご紹介しました、自衛隊の「情報保全隊」による情報活動につき
ましては、昨日の朝日新聞が社説で採りあげましたが、今日は地方紙
が一斉に「監視」活動と批判する社説を掲載しています。


「自衛隊*市民監視まで、に慄然」(北海道)
<国民を守るはずの自衛隊が、国民を監視する。なし崩しのうちに組
織がひとり歩きを始める。
 政府がそれを放っておくのなら、歯止め役は国会だ。その責任は重
い。>
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/30942.html


「監視」(北海道「卓上四季」)
<防衛省幹部の中にさえ「やりすぎだ」「戦前の憲兵隊と同じだと誤
解されても仕方がない」とため息をついた人がいたそうだ。>
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/


「自衛隊の内部文書/自由の国で気味が悪い」(河北新報)
< 自衛隊は、国内はもとより海外での大規模災害救助活動などで実
績を積み上げ、信頼を勝ち得てきた。国土の防衛を担ってもらうこと
についても、国民の間でほぼ合意に達している。
 市民の監視は、国民の信頼に水を差し、道を逆行しているのではない
か。>
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2007/06/20070608s01.htm


「市民監視 自衛隊の信用にかかわる」(信濃毎日)
<情報保全隊について分からないことが多い。秘密を多く抱えるほど
自衛隊は国民から遠い存在になる。防衛相は部隊の行きすぎた活動を
まずストップさせ、実態を把握し、国民に分かりやすく説明すべき
だ。>
http://www.shinmai.co.jp/news/20070608/KT070607ETI090004000022.htm


「情報保全隊/「本来任務」といえるのか」(神戸)
<自衛隊では、イージス艦の中枢情報が海自隊内に広く流出する事件
が起きている。本来任務にぬかりが生じる一方で、市民活動に目を光
らせていたなら、本末転倒というほかない。>
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/index2.shtml


「【情報保全隊】 どこを見ているのか」(高知)
<法整備の面では、〇一年十月の自衛隊法改正で、秘密漏えいの処罰
対象が隊員以外にも広げられ、新聞記者や作家、ジャーナリストらが
漏えいを「共謀、教唆」したとして罰せられる危険性も出てきた。今
回の文書にも、「こんなことまで」と思わせる作家やジャーナリスト
に関する記述がある。まさか機密漏えいに備えて、というのではある
まい。 >
http://203.139.202.230/?&nwSrl=214252&nwIW=1&nwVt=knd
 
「『監視』ならばやり過ぎだ 自衛隊情報活動」(西日本)
< 自衛隊は、平和憲法の理念に忠実であったから、多くの国民の信
任を得てきた。憲兵や特高を想起させる振る舞いは期待を裏切るもの
だ。>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20070608/20070608_001.shtml


「[陸自市民監視]この人権感覚は問題だ」(沖縄タイムス)
<シビリアン・コントロール(文民統制)の原則を忘れるべきではな
い。このような調査は自衛隊による民の統制につながる本末転倒の発
想で、自衛隊の市民監視と批判されるゆえんだ。>
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20070608.html#no_1


「自衛隊の国民監視 矛先の向かう先が違う」(琉球新報)
< 反対集会への参加者の撮影も行われていた。「撮影は違法」との
野党の指摘に久間防衛相は、マスコミ取材を例に「取材が良くて自衛
隊が駄目だという法律の根拠はない」と反論している。マスコミの取
材と自衛隊の監視を同列に並べる感覚も、いかがなものか。>
http://ryukyushimpo.jp/news/storytopic-11.html

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/666-800eb75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。