スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の日

今日は初めての「昭和の日」だそうです。私の短い人生の中で、この
日は「天長節」「天皇誕生日」「みどりの日」「昭和の日」と、4回
も名前が変わってきました。

この日にあたって、今朝のいくつかの新聞が、社説やコラムで「昭和
の日」を採りあげています。反省、懐古、美化、いろいろの意見があ
りますが、栄光の時代として、「誇りと自信を取り返す」ために祝お
うという気にはとてもなれません。

昭和の日―光と影に思いを致そう」(朝日・社説)
< 昭和は光と影に分かれた時代である。戦後は復興と繁栄の明るい
色調が目立つ。その豊かさが多くの犠牲の上に築かれたことを忘れる
わけにいかない。>

昭和の日 激動の時代に思いを寄せたい」(読売・社説)
< こうしたブームの背景には、貧しくとも人々が助け合い、希望を
持って生きていた時代への共感もあるのだろう。>

昭和の日 意義をかみしめ祝いたい 」(産経・主張)
< 「昭和の日」には、直近である昭和の歴史を虚心坦懐(たんかい)
に見つめ直すことで将来に向け、国民が誇りと自信を取り返すことが
できるようにとの願いが込められているのである。>

「『昭和の日』の自戒」(毎日・余録)
<今さらながら昭和は人類史のほとんどあらゆる経験が凝縮された時
代に思える。その何に注目し、そこから何を学ぶかは人の世界観を大
きく左右するが、それは私たちマスコミ、ジャーナリズムにもいえる


昭和の日」(北海道・卓上四季)
<国民の祝日は年に十五日ある。あまり意識されないが、半分以上が
実は皇室の祭祀(さいし)などにちなむ戦前の国家祭日の名残を引き
ずっている>
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/623-9559d89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和の日(昭和の時代を顧み国の将来に思いをいたす日)

「昭和の日(昭和の時代を顧み国の将来に思いをいたす日)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =20...

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。