スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南紀での戦争

1週間ほど南紀の温泉へ湯治に行っていましたので、ご無沙汰しまし
た。

潮岬に近い、すさみ町の高台に建つホテルの露天風呂で、太平洋を一
望するすばらしい景観を独り占めしていましたら、一人の老人が入っ
てきて、次のように話しかけてきました。

「この沖で、日本の輸送船がアメリカの潜水艦に撃沈されたのを、子
どものころ見ましたよ。ものすごい音がしました。当時は紀伊半島沖
で何隻も輸送船がやられました」

こんな本土のほんの目の前の制海権も米軍に奪われていたのかと、改
めて驚きました。

話を聞けば、私より少し年長で、14歳の時特攻隊になるべく予科練を
志願されたそうです。そして多くの同期生が、特攻機や人間魚雷・回
天で戦死されたが、運よく終戦で命が助かったとのことです。

そしてこの付近での戦争について、次のような話も聞きました。

●大阪の空襲で被弾したB29が潮岬に墜落した。乗員は落下傘で降下
したが、住民たちが棒などで殴って捕まえ、憲兵隊に引き渡した。

●アメリカの艦隊からの艦砲射撃もあった。艦砲射撃は空襲よりも恐
ろしく、後に海軍で聞いた話によると、爆撃機500機による空襲に
匹敵するとのこと。

彼は戦後まもなく渡米し、もう53年もロスアンゼルスで造園業を営ん
でおられるとのこと、今回は15年ぶりの帰国だそうで、すっかり変わ
った故郷に驚いておられました。

アメリカのヤングたちに、14, 5歳で特攻隊員になった話をしても、
とても信じてくれない、戦争も遠くなって、語り継ぐのは難しくなっ
たとも言っておられました。

そして、国と国がどうして仲よくなれないのか、アメリカも、日本も、
その他の国々も、膨大な軍事費を社会福祉に廻すべきだと、語ってお
られたのが印象的でした。
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/615-333620b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。