スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米議会調査局、慰安婦問題の報告書

今日の産経新聞は、次のように報じています。

< 米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議
員向けの調査報告書をこのほど作成した。同報告書は安倍晋三首相の
一連の言明を「矛盾」と批判しながらも、焦点の「軍による女性の強
制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはい
なかったことを認める見解を明らかにした。>

「『組織的強制徴用なし』 慰安婦問題 米議会調査局が報告書

一方これに関する、10日付けの韓国・朝鮮日報の記事は先にご紹介し
ましたが、同日の中央日報も、次のように伝えています。

< CRSは報告書を通じて、日本政府と日本軍の慰安婦強制動員に
介入した証拠はあり、日本軍が慰安婦女性募集から慰安所運営まです
べての段階に介入したと指摘した。CRSは米軍がミャンマーでつか
んだ20人の韓国人出身慰安婦の証言とホルスアンダーウッド博士が
米政府に報告した日本軍の韓国人慰安婦強制動員記録、オランダ政府
文書記録保管所に保管された日本軍慰安婦強制動員資料などを証拠と
して提示した。>

「『慰安婦募集から運営まで日本政府がすべて介入』米議会報告書
スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/611-7d77b76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。