スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍慰安婦問題、安倍発言についての社説

従軍慰安婦問題に関する安倍発言については、アメリカだけでなく、
その後北朝鮮、台湾、中国などでも報じられ、批判の声が上がってい
ますが、韓国では3日の中央日報に引き続き、今日の朝鮮日報が社説
で採りあげています。

「『第2の小泉』の道を進む安倍首相
< 安倍首相は就任直後の昨年10月、議会で「慰安婦問題は政府の公
式的な立場(である河野談話)を継承する」としていた。安倍政権の
発足に懸念を抱いていた韓国や中国などのアジアの国々も、その言葉
を信じ、新たな韓日関係、中日関係が作られることを望んだ。しかし、
それからわずか5カ月後、安倍首相がまたも妄言の口火を切った。>

一方日本では、今日の琉球新報が唯一このテーマを社説で採りあげて
います。

首相発言・教訓に『敏感』でありたい
< 麻生太郎外相は国会で「客観的事実に全く基づいてなく、甚だ遺
憾」と発言した。首相発言も、その延長にあるとの見方が韓国では支
配的だ。従軍慰安婦の存在は歴史的事実である。本人の意思に反し、
心身に癒やしがたい苦痛を負わされた人々がいたのはアジアの国々も
指摘している。軍の指示はなく、業者が勝手にやったこと―という理
屈は通りにくい。>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/551-1ac87d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。