スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「起立!」「礼!」

先日、自民党の中川秀直幹事長は「首相が入室したときに起立できな
い、私語を慎めない政治家は美しい国づくり内閣にふさわしくない。
閣僚、官僚のスタッフには首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精
神が求められる」と述べて、物議を醸しました。

私はテレビで、閣議の前に首相が入ってくると、閣僚が一斉に立ち上
がってお辞儀をするシーンを見て、かねてからアナクロ的な違和感を
感じていました。なんとなく、戦時中の「起立!」「礼!」とか、
「気をつけ!」「かしら右!」とかを連想させるからです。

あの部屋は閣議室でなく、閣議前の待合室のようなところだそうです。
何も皆が首相を一斉に迎えるのでなく、三々五々集まって挨拶や懇談
をしているのが、ごく自然な風景ではないでしょうか?

国民新党の亀井静香代表代行は「日本はいつから北朝鮮になったのか。
自分は直立不動で首相を迎えたことはなかった」と批判しました。ま
た社民党の福島瑞穂党首も「日本は『ハイル・ヒトラー』の世界では
ない」と指摘しました。

昨夜テレビのニュースを見ていましたら、亀井氏が運輸大臣だった村
山内閣の閣議前のシーンが映りました。橋本通産相らは煙草を吸って
おり、新聞を読んでいる人もいました。村山首相が入ってきた時、右
隣の人が中腰で頭を下げたほかは、だれも座ったままのようでした。

中川発言が効いてか、その後は大臣の皆さんも規律正しく起立してい
るようです。外国の人が見たら、さすが「美しい国」の内閣と思うで
しょうか。それともかつての軍国日本を思い出すでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/538-3b02ad26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。