スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番組改編訴訟の判決に関する各紙社説

先にお伝えしました NHK番組改編訴訟の判決についての、今朝の
各紙の社説をご紹介します。

NHK 裁かれた政治への弱さ」(朝日)
< 取材される側が報道に抱く期待権と編集の自由との関係について
判決が指摘したことにも注目したい。判決は編集の自由の大切さを指
摘したうえで、政治家の意図をおしはかった今回のケースは「編集権
を自ら放棄したものに等しい」と述べ、期待権の侵害を認めた。
 編集の自由や報道の自由は民主主義社会の基本だ。取材される側の
期待権の拡大解釈を避けるためにも、メディア側の権力からの自立が
求められる。>

「[NHK番組訴訟]報道現場への影響が懸念される」(読売)
< メディアが委縮してしまわないか心配だ。東京地裁に続いて東京
高裁が示した報道への「期待権」という新しい考え方に、戸惑わざる
を得ない。>

< この訴訟では、もう一つの焦点があった。番組制作に政治家の
“圧力”があったのかどうかだ。朝日新聞が繰り返し介入を報じ、
NHKが否定したことで、大きな論争に発展していた。
 これについて、今回の判決は「政治家らが具体的な話や示唆をした
とは認められない」との見方を明確に示した。>

番組改変 NHKは政治と距離を」(東京)
< NHKと政治家の日常の関係に照らせば、政治家の発言はもっと
具体的で事実上の介入だっただろうことは容易に推察できる。だが、
判決通りだとしてもNHK側が無視できなかった事実は重い。政治の
側も報道機関との距離を保つべきことを物語っている。
 NHK側も政治家も、昨年春に制定した新放送ガイドラインの「放
送の自主自律の堅持が信頼の生命線」という条項を肝に銘じるべきだ。


NHK判決*指弾された番組の改編」(北海道)
< NHKは、報道の自由を守る立場にある。そもそも番組内容を事
前に政治家に説明するような行為は、放送に携わる者が行うべきでは
ないだろう。
 不祥事が続き、国民がNHKに向ける目はただでさえ厳しい。信頼
を失う前に襟を正して出直す必要がある。>
スポンサーサイト

コメント

NHK番組改編とよく言われるがどんな番組だったの私はチラリと何かで見たがそんなに・・国民に見せたくないものか??政治家も政治家NHKもNHK・・どんな番組か知らんのは私だけか、教えて欲しい詳しい事を・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/517-168e416b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。