スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦時標語

戦争中は、国民を戦争に駆り立てるため、数多くの標語が作られまし
た。中でも、「欲しがりません勝つまでは」というのは、当時の子供
たちがもっとも身に沁みて感じた標語です。今思うと切ないですね。

その他、子供心に覚えている戦時標語を列挙します。

「撃ちてし止まむ」
「鬼畜米英」
「一億一心」
「進め一億火の玉だ」
「贅沢は敵だ」
「生めよ殖やせよ」
「一億玉砕」
「神州不滅」

MLでは、当時国営であった日本製鉄(現新日鉄)の給料袋にも標語
が印刷されていたとの報告がありました。ネットで検索してみますと、
次のような例もありました。

おもちゃの紙風船や、教科書のブックカバーに書かれた標語
http://www13.ocn.ne.jp/~seiroku/kodomo.html

駅弁の包み紙に書かれた標語
http://ekibento.jp/nos-okazaki1.htm

婦人雑誌に掲載された「米鬼絶滅を期する一億の合言葉」
http://tadanorih.hp.infoseek.co.jp/tondemo/tondemo01.htm
スポンサーサイト

コメント

懐かしいより 怖ろしい思い

大正生まれの私は戦時標語以前のどっぷりと日清日露戦争の栄誉を受け継ぎ、そんな標語はあまり聞かず軍隊入営前くらいに盛んに叫ばれた特に「鬼畜米英」で大戦へのPR・・これからはコンナもの無い・・勿論無いがよいが、中国オリンピック過ぎれば、「鬼畜中国」「鬼畜日本」にならねばいいが、いずれ此の儘の日本丸右舵へ右舵へでは危険このうえなし、昭和はじめを想い起し心配する。元軍人より。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/510-219e6164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。