スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re: 遊就館の歴史記述、一部変更へ

一昨日の「遊就館の歴史記述、一部変更へ」について、靖国ガイドの
ベテランHさんから、靖国神社社務所の機関紙「靖国」の1月1日号に
遊就館展示見直しの記事が掲載されているとの情報をいただきました。
全文を下記にご紹介します。

なお遊就館の展示については、Hさんら東京の戦争遺跡を歩く会が編
集された「フィールドワーク靖国神社・遊就館―学び・調べ・考えよ
」が参考になります。


遊就館展示見直し作業中間報告

 平成十四年に皆様方の御浄財により本館修築新館新築がなった遊就館は、本年五周
年を迎える。遊就館ではこれを機に展示内容の更なる充実を図り、御祭神の真心を正
しく伝えるべく、昨春より各分野の専門家の御指導御助力を得て、展示見直しに向け
た検討作業を進めている。
 
 検討の対象は展示品、展示品解説、歴史記述のすべてに及ぶが、昨年末に第一次の
展示変更をおこなったので、ここにその概要を述べ、中間報告と致したい。
 
 まず、新たな展示品で主要なものに、「平和の女神像(北村西望作)」「大東亜像
 (川村吾戯作)」 「負傷兵の敬礼像(渡辺長男作)」 「元帥刀刀身」「梨本宮
殿下軍服」「絵画・喇叭手木口小平(寺崎廣業作)」「日本軍将兵鎮魂 モンゴルの
ラッパ」 「大絵画・戦艦大和の幻想(飯塚羚児作)」「落下増槽(燃料補助タンク)
」 がある。
 
 次に歴史記述パネルのうち今回変更のあったものに「日露戦争から満州事変」 
「満洲の歴史」 「支那事変」 「ヒトラー」 「スターリン」 「ルーズベルト」
 「日米交渉」 の各パネルがある。
 
 因みに 「日米交渉」 パネルを例に挙げると、『ハル四原則』『ハル・ノート』
 『スチムソン日記』の各和英文、『開戦の詔書』 英文を史料として新たに展示し、
当時の我が国の置かれていた状況や、開戦への経緯が簡潔明瞭に理解戴けるように工
夫した。
 
 もとより、遊就館の目的は靖国神社に鎮まる御祭神を奉慰顕彰することにあり、
「御祭神が当時、どのようなお気持ちで戦地に赴いていったのか」を忠実に伝えるた
めに、歴史記述パネルも客観的史料に基づき、分かりやすい記述に努めることとした。
また、海外の方々の入館が増えていることもあり、英文解説、御遺書英訳なども段階
的に増やしていくこととしたい。
 
 御祭神奉慰顕彰のためにはなすべきこと多々ある。今後も小紙上で報告申し上げる
が、まずは是非御参拝御拝観の上、愛する祖国や家族を守るために尊い生命を捧げた
御祭神の真心に接して戴きたい。
                             靖国神社遊就館
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/474-b9d795c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。