スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バターン死の行進:文春記事に元捕虜の米国人が抗議

今日の毎日新聞が次のように報道しています。

<第二次世界大戦中にフィリピンを占領した旧日本軍が捕虜を長距離
歩かせ、多数が死亡したとされる「バターン死の行進」を生き延びた
元捕虜の米国人が13日、米ロサンゼルスで記者会見し、同行進を扱
った昨年12月号の月刊誌「文芸春秋」の記事について「史実をわい
曲しようとする記事だ」と批判、同誌発行元の文芸春秋社に謝罪を要
求した。>
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060115k0000m040018000c.html

この記事の解説です。

「『文芸春秋』誌に掲載された「バターン死の行進」に関する記事について」

どなたかこの記事を読まれた方は、ご感想をお寄せください。


参考:「バターン死の行進
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/47-74efa876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

念仏 と 死の行進

あきれるような記事・・・日比国交回復50周年に託けて、興行査証発給を緩やかにしろ・・・と、フィリピンのタレント業界が声明を出したそうだ・・・日本の外タレ業界諸氏が、取

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。