スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧日本兵がフィリピンに遺した手紙

拙サイト「旧日本軍人の遺留品」に、フィリピン在住のアメリカ人・
Peter Parsons氏から、旧日本兵が遺した手紙を持っているので、そ
の兵士の家族を探してほしいとのメールが来ました。戦地で家族宛に
書いたが未投函のままのものもあり、ぜひ家族に届けたいとのことで
す。

これら手紙(封書・はがき)の差出人および宛名は次のとおりですの
で、もし何かお心当たりがありましたら、ぜひお知らせください。

(1)野村萬吉(京都市下京区)から小川治郎(比島派遣垣6555部隊
中村隊)あて(小川様は京都・鳥羽の出身と思われる)

(2)辻清(垣6555部隊中村隊)から辻らおよび辻静江(舞鶴市南
濱扶桑町)あて

(3)勝部勝造(垣6555部隊中村隊)から川村治郎吉および草津川幸
三郎
(滋賀県野洲郡河西村)、大野武次(呉市)あて 

(4)城戸口新(呉局気付)から城戸口彦四郎および城戸口照子(山
形県東村山郡大曽根村)あて

詳しくは、下記サイトの「手帳・日記・手紙」のページT009をご覧
ください。

「旧日本軍人の遺留品」


なおこの手紙を保管していたのは、Peter Parsons氏の亡父・Chick
Parsons氏ですが、彼は戦後まもなくモンテンルパ刑務所に収容され
ていた日本人戦犯の留守家族に食品などの支援を行っておらたそうで
す。そしてB級戦犯の和知鷹二元陸軍中将の夫人からの礼状も貰って
おられます。

Peter Parsons氏は、和知元中将のご遺族も探してほしいと言ってお
られますので、お心当たりの方はお知らせください。

和知元中将については、
http://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/zinbutu/wati.html
スポンサーサイト

コメント

和知鷹二に関して

拝啓、時下益々ご清祥のことと存じ上げます、さて突然のメールではございますが、会社で祖父(和知鷹二)のことを調べていたらこのHPを見つけたのでこれも何かの縁かと思い、ご連絡申し上げます。
現在、祖父は4人の子供がおりましたが、(長女、次女、長男、三女)長男は
幼い頃に交通事故で亡くなりましたので現在、3姉妹であります。
私は長女の長男に当たります。
和知の姓は三女が継いでおり、その夫は現在自衛官です。
自衛官の三女以外は祖母、長女、次女の家族は神奈川県で暮らしております。
                     敬具

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/41-7c53ea91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。