スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中首脳会談に思う(下)

日中双方があれほどまでに強い意欲で首脳会談を実現させた第一の要因はやはり経済
問題だと思います。小泉首相のかたくなな姿勢で「政冷経熱」に落ち込んだ状態を何とか
回復させて、両国の経済関係をもっと活性化させたいとの思惑が一致したためでしょう。
ご承知のように、両国の経済関係は、いまや切っても切れない関係にあります。

安倍首相も、今まで「政経分離」などとピントはずれのことを言っていたのに、胡錦濤主席
との会談後は、「政経両輪」とこれもまた早速転向しました。そして両者とも今後は「戦略的
互恵関係」を目指すことで合意しました。そして問題の東シナ海のガス田についても、共同
開発という大きな方向を堅持することを確認しました。これはまさにいわゆるWIN-WINの関
係を目指すものです。

東シナ海の問題にしろ、竹島の問題にしろ、20世紀前半以前なら、一触即発、戦争になる
ところでした。人類が生まれてから、戦争はほとんど経済的利害の対立から起こっています。
経済に国境があり、他国の市場や資源の獲得は武力に寄らざるを得ませんでした。これは
WIN-LOSEの関係です。

一方世界経済がグローバル化し、中国などの社会主義国も市場経済化することにより世界
経済の網の目に組み込まれるようになりました。資本はどんどん国境を越えて進出していま
す。そして日本と中国も、今や相互依存的な経済関係であります。そこでもしかつてのように
戦争でその関係が断ち切られるようなことになると、それはLOSE-LOSEすなわち共倒れとな
ります。

よく中国の脅威を説き、対抗して日本も核武装すべきなどという人がいますが、こういう人は
前世紀型の思考から抜け切らず、新世紀の大きな歴史の流れを見ていないと思います。19
世紀には、経済が戦争の要因になりましたが、21世紀の今日は、経済が戦争のブレーキに
なると前から言ってきましたが、今回の日中首脳会談がこのように早く開催されたのを見て、
まさにその感を深くしました。

かつて何千年も戦争を繰り返し、二度も世界大戦の引き金を引いたヨーロッパでは、その愚
を繰り返すまいと、ECを築き上げました。この首脳会談が、東アジア共同体へ、さらにはアジ
ア共同体へと発展していくきっかけになればと願っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/388-9e7a6243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。