スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相の“転向”?

一昨日、昨日の衆院予算委員会は、久しぶりにおもしろい論戦が聞け
ました。そして、菅直人、志位和夫といった野党を代表する論客の鋭
い舌鋒によって、ガードの固かった安倍首相の「歴史観」のベールが
しだいにはがされていき、「村山談話」、「河野談話」の継承などは
もとより、祖父・岸信介の戦争責任まで、首相は認めるに至りました。

こうしてみると、首相のタカ派的な歴史観も案外浅薄なものだったと
思えます。取り巻きのウルトラ・タカ派連中の受け売り程度のもので
しょう。「後世の歴史家に任すべき」という逃げ口上は、ホンネを隠
すというより、その浅薄さを隠すためだったのでしょうか?

今朝の朝日、東京の両紙の社説は、こうした安倍首相の“転向”を評
価しています。

安倍政権 ちょっぴり安心した 」(朝日)
< 先の大戦を「自存自衛の戦い」と位置づける。日本政府の「謝罪
外交」を批判し、歴史教科書の「自虐史観」に修正を求める――。

 首相になるまでの安倍氏は、そうした考え方の議員グループなどで
中心的な役割を果たしてきたからだ。安倍氏のブレーンには、もっと
激しい主張の人々がそろっている。

 首相になった安倍氏が、政府の方針としてどんな主張を掲げるのか。
政府の歴史認識や基本見解は変更されるのか。多くの国民はそこを注視
してきた。

 だが、この1週間の安倍氏の答弁は、意外なまでのソフト路線に終始
した。安倍氏の従来の主張に期待した人々にとっては、拍子抜けだった
かもしれない。不安を抱いた私たちは少し安心した。>

安倍史観 逆戻りは許されない」(東京)
< 初の本格的な論戦の場となった衆院予算委員会で、安倍晋三首相
は“封印”してきた歴史認識を語り始めた。タカ派色を薄め、政府見
解を踏襲した「安倍史観」が示された。逆戻りは許されない。

 日本の「植民地支配と侵略」を認めた「村山談話」などは政治家個
人としても継承する。極東軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯として裁
かれた国家指導者に戦争責任はあるが、戦争犯罪人ではない-。二日
間の論戦を通じて浮かび上がった首相の歴史観だ。>

森元首相は、安倍人気を「ハンカチ王子」になぞらえ、「かつて言っ
てきたこととまったく違うことを言い出した。若い政治家から内閣総
理大臣という重い立場に立ち、よく考えて話をしないといけないこと
をやっと分かってきた」と述べています。とかく放言で問題を起こす
森氏ですが、「ハンカチ王子」とは言い得て妙と、座布団一枚さし上
げましょう。

安倍首相は「ハンカチ王子」 真価はこれから、と森氏」(朝日、
7日)
スポンサーサイト

コメント

安倍首相の“転向”について

「能ある鷹は爪隠す」ということがあります。今までの安倍首相の政治活動や発言から本当に転向したのでしょうか、疑問です。彼は教育基本法改正、憲法改正を標榜して総理になったのです。これらに付いての本格的な論戦がまだありません。靖国とか歴史認識の問題はたいした事ではないのかも知れません。前首相ならば、はぐらかし、すり替え、茶化して逃げるところですが、安倍首相はそこまでのテクニックをまだもっていないか、または余程の腹黒で靖国、歴史認識は大事を為すための目眩ましで“転向”?は政治的混乱を避け人気をつなぎ止めるための手法ではないか。本丸は憲法、教育基本法の改正です。わたしは後者とみます。おや?と思う“転向”?発言にも彼を支える人たちの批判が出ないのです。案外了解済みの発言ではないか。憲法、教育基本法を変えてしまえば靖国、歴史認識の問題は改正憲法改正教育基本法の流れに納まっていく。これが一番恐い。孫たちや日本の将来のために何としても改正を阻止しなければなりません。
       元軍国少年の落ちこぼれ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/382-7708070d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。