スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍新首相、対中関係改善が課題(NYタイムズ社説)

ニューヨーク27日発時事通信は次のように伝えています。

<27日付のニューヨーク・タイムズは「安倍晋三のアジアにおける課題」と題する社説を掲載し、安倍新首相は日本の繁栄と安全保障にとって最重要である中国との外交関係を再構築すべきだと主張した。

 同紙は「前首相と同様の支持と成功を得たいなら、過去の失政を大胆に捨て去る必要がある」として、「小泉純一郎氏(前首相)が挑発的に繰り返した靖国神社参拝をやめると宣言することが第一歩だ」と指摘した。>

原文(英文)は以下で読むことができます。

Shinzo Abe’s Asian Challenge
Published: September 27, 2006

If Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, hopes to be as popular and successful as his departing predecessor, Junichiro Koizumi, he needs to be equally daring in breaking with failed policies of the past. The obvious place to start is by rebuilding Japan’s badly damaged relations with China.

Nothing is more important to Japan’s prosperity and security than normal relations with its giant neighbor. An ugly, but increasingly distant, history of Japanese aggression and war crimes stands in the way. Mr. Koizumi, in one of the greatest errors of his administration, deliberately glorified this history, playing into the hands of Chinese leaders who often use nationalism to distract their people from official corruption and political repression.

Mr. Abe needs to extricate Japan from this destructive dynamic. The first step should be declaring that he will not continue Mr. Koizumi’s provocative practice of visiting the Yasukuni Shrine, where the spirits of convicted war criminals are honored. The shrine controversy, and the failure of Japanese textbooks to deal honestly with the wartime behavior of Japanese troops, complicate the nation’s ability to handle contemporary military issues, like the emerging debate over amending the pacifist constitution that America imposed on it after World War II. There is no reason Japan should not be able to make that change. But unless it first comes to terms with its history and its neighbors, such a step would be poorly received by other Asian nations.

Japan has a great deal to be proud of, including an increasingly vital democracy, a revived economy and the difficult but necessary economic reforms that Mr. Koizumi began to push through and that Mr. Abe will now need to take further. It does not need to glorify the darkest period of its recent history and the war criminals most responsible for that terrible aberration.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/363-6edd829d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。