スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愉快犯と確信犯

小泉首相と安倍官房長官、ともに靖国参拝派ですが、二人の言動を比
べますと、次のような違いがあります。

●小泉氏はA級戦犯の罪を国会でも認めているが、安倍氏は、日本は
東京裁判の“ジャッジメンツ”を受け入れただけで、国内法では彼
らは罪人ではないとその罪は認めていない。

●小泉氏はいわゆる「村山談話」を踏襲し、過去の日本の行為を謝罪
しているが、安倍氏は歴史認識は後世の史家に待つべしとして、日
本の戦争責任については明言を避けている。

●小泉氏は、中国の盧溝橋にある「中国人民抗日戦争記念館」を訪れ、
日本政府首脳としては初めて中国の戦争犠牲者に献花し、黙とうを
捧げたが、安倍氏がそういう場所を訪れるとは思えない。

●小泉氏は「いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身
にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわ
びと反省の気持ちを申し上げます」という首相書簡を出したが、安
倍氏は慰安婦問題をテーマとしたNHK番組に介入した。

●小泉氏は、首相になる前は余り靖国神社を参拝したことはないよう
だが、安倍氏は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の有
力メンバーである。

●小泉氏は事前にマスメディアに連絡して、派手に靖国神社に参拝し
たが、安倍氏はこっそり参拝した後、マスメディアにリークした。

要するに、小泉氏は「愉快犯」、安倍氏は「確信犯」といえるでしょ
う。
スポンサーサイト

コメント

色付きの文字安倍晋三内閣総理大臣
石原慎太郎日本国大統領
これがええな。v-63

「国内法では罪人ではない」について

 この比較二人の違いについて、核心をついていると思います。
ただ、
----------------------
●小泉氏はA級戦犯の罪を国会でも認めているが、安倍氏は、日本は東京裁判の“ジャッジメンツ”を受け入れただけで、国内法では彼らは罪人ではないとその罪は認めていない。
-----------------
というのは、ちょっと、誤解がありそうです。

 安倍らが繰り返して言う「A級戦犯は、国内法では罪人ではない」という見解は、安倍らに固有の見解ではなく、(残念ながら)日本国政府としての見解でもあるからです。例えば、昨年の国会で、小泉は、A級戦犯と国内法との関係について、「その刑は、我が国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と述べています。
 http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b163021.htm

 悔しいことですが、ここを突き崩すロジックを、日本民衆はいまだ手にしていません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/329-a6f9f098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。