スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国問題に関する社説

今朝の新聞の内2紙が靖国問題を採りあげていますので、ご紹介しま
す。

「千鳥ケ淵墓苑 追悼施設の位置づけを 」(朝日)
<A級戦犯の分祀という打開策と並んで、この墓苑拡充案が注目され
ることになりそうだ。

 戦没者をどう追悼するか、自民党内の意見は割れている。合祀にせ
よ分祀にせよ、あくまで靖国神社を「唯一の追悼施設」と考えていく
のか。あるいは、別の施設を求めるか。墓苑の位置づけを玉虫色にし
たまま拡大するのは、妥協策ではあるかもしれない。

だが、今後の首相が、墓苑を事実上の追悼施設として受け止め、靖
国神社とは距離を置く姿勢を明確にしない限り、解決にはならないだ
ろう。>

アジア外交の再構築をめざせ」(日経)
< 私たちはA級戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社に首相が参拝す
るのは好ましくないと主張してきた。中国がそう考えるからではない。
日本人の立場で歴史を振り返れば、そこに問題があると考えるからで
ある。靖国問題は外交政策の領域ではないが、国際的影響が大きい問
題でもある。分祀(ぶんし)、靖国改組、新施設建設、千鳥ケ淵戦没
者墓苑の拡充などの様々な議論が自民党内にもあるのはこのためだろ
う。

 日中関係は巨大な関係である。中国商務省によれば、2005年の貿易額
は1844億ドルで史上最高を記録した。反日暴動があり、中国側が「政冷
経涼」を警告し、日本側もそれを心配した年だったが、経済交流の拡大
傾向は続いた。しかし日中関係は靖国だけでもなければ、経済だけでも
ない。現在の日中関係は世界史のなかでもユニークな関係と歴史家は
考える。>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/316-b04f5204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。