スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国に選別される死者

昨日の朝日新聞夕刊のコラム「論壇時評」に、政治学者の杉田敦氏が、
靖国問題について書いています。

杉田氏は靖国神社が戦没者を祀る基準は「国策」との関係であると述
べています。いくら戦争犠牲者であっても民間人は祀られないのはそ
のためで、これらの人は度外視して置き去りにされており、それは現
在の格差社会にも通じると主張しています。

彼は同じ靖国参拝派でも、「同床異夢」ともいうべき次のような違い
があると言います。

<自らの父や夫の死を悼む遺族感情の延長上に靖国を位置づけようと
してきた人々がいる。しかし、戦死の崇高さを強調して国家を維持す
るための装置として靖国をとらえる側からは、そうした感情は国家の
絶対性・神聖性を損なうノイズとさえ見なされうるのである。>

「心の問題」が口癖の小泉首相は、どちらかというと前者の考えで、
人々の素朴な感情に訴えようとしている感じがします。「国のために
殉じた人々に尊崇の念を表する」が口癖の安倍官房長官は、明らかに
後者の立場でしょう。

この二人は、東京裁判、A級戦犯についての考えも少し違うようです。
小泉内閣は、過去のの侵略や植民地支配を謝罪した「村山談話」や、
従軍慰安婦を認めた「河野談話」を踏襲しました。安倍内閣になった
ら、はたしてどうなるのでしょう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/309-6dace7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。