スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和天皇発言メモをめぐって

MLで、靖国神社の遊就館§展示室9【招魂齋庭】に、戦没者合祀名
簿について次のように書かれていると教えていただきました。

<「靖国神社への合祀に当たっては、天皇陛下のお手許に必ず戦没者
合祀名簿が天覧に供された。(中略)戦没者合祀は今に到るまで必ず
天皇陛下の叡慮を受けているのである。>

これが事実なら、まさに憲法に定める政教分離の原則に違反していま
すね。マスメディアはどうしてこのようなことを採りあげないのでし
ょうか? また靖国神社は、今回のメモに対して、A級戦犯合祀はち
ゃんと昭和天皇の“叡慮”をお受けしているとコメントしないのでし
ょうか?

今回のメモで、マスメディアによる大方の意見は、これでA級戦犯分
祀問題に弾みがつき、天皇の親拝も実現するような感じですが、果た
してそんなに簡単にいくか、次のような疑問があります。長谷川さん
はどのようにお考えでしょうか?

●靖国神社は下記URLのように分祀は絶対ありえないと主張してい
ます。もし分祀をするとしたら、それは靖国神社の教義をまったく
否定することになります。

「所謂A級戦犯分祀案に対する靖國神社見解」
http://www.senyu-ren.jp/1MOKU/1603.HTM

●分祀によって天皇の親拝も実現するとする向きもあるようですが、
しかし仮に分祀が実現したとしても、靖国神社が宗教法人である限
り、政教分離の問題がネックになるでしょう。天皇は憲法で国民の
象徴と定められていますので、その存在自体が公人と思います。

●また仮に靖国神社が政治に屈して、A級戦犯を分祀したとしても、
東京裁判を否定し、A級戦犯に戦争責任はないとする、いわゆる
“靖国史観”をも否定し、遊就館の展示も全面的に改めるでしょ
うか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/299-48fc0529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。