スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京事件に関する二人の言葉

いわゆる南京事件について、南京虐殺などなった、戦闘中のことだ
ったから止むを得なかった、などと、それを否定する人たちがいま
すが、そういう人たちに、次の二人の言葉をぜひ読んでほしいと思
います。

《松井石根》
南京事件当時、中支那方面軍司令官であり、最高責任者として東京
裁判で死刑判決を受けた後、教誨師の花山信勝に語った言葉。

<南京事件ではお恥しい限りです。南京入城の後、慰霊祭の時に、シ
ナ人の死者も一しょにと私が申したところ、参謀長以下何も分らんか
ら、日本軍の士気に関するでしょうといって、師団長はじめあんなこ
とをしたのだ。

私は日露戦争の時、大尉として従軍したが、その当時の師団長と、今
度の師団長などを比べてみると、問題にならんほど悪いですね。日露
戦争の時は、シナ人に対してはもちろんだが、ロシヤ人に対しても、
俘虜の取扱い、その他よくいっていた。今度はそうはいかなかった。
政府当局ではそう考えたわけではなかったろうが、武士道とか人道と
かいう点では、当時とは全く変っておった。

慰霊祭の直後、私は皆を集めて軍総司令官として泣いて怒った。その
時は朝香宮もおられ、柳川中将も方面軍司令官だったが。折角皇威を
輝かしたのに、あの兵の暴行によって一挙にしてそれを落してしまっ
た、と。ところが、このことのあとで、みなが笑った。甚だしいのは、
或る師団長の如きは「当り前ですよ」とさえいった。

従って、私だけでもこういう結果になるということは、当時の軍人達
に一人でも多く、深い反省を与えるという意味で大変に嬉しい。折角
こうなったのだから、このまま往生したいと思っている。>

http://www.geocities.jp/yu77799/hanayama.html

《徳川義寛》
当時、侍従として昭和天皇の側近だった。戦後、「侍従長の遺言」と
いう著書の中でこう書いている。

< 南京虐殺があったとか無かったとか論争があるようですが、当時
も関係者の多くは事実を知っていたんです。陛下が知っておられたか
どうかはわかりませんが、折に触れて「日露戦争の時の軍と違う」と
いうことはおっしゃっていました。明治天皇のご事蹟をよく知ってお
られましたから。>
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html#yosihiro

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/283-31428381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。