スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭焼き

松根油のことを書きましたら、同じ歳のSさんから、6年生のときに
松の根っこ掘りをやらされたというメールをいただきました。数人で、
一日がかりで松の大木の根をひとつ掘り起こして終わりだったそうで
す。

私の場合は、松根掘りはやりませんでしたが、その代わり炭焼きの手
伝いをやらされました。原料になる木を切って、それを窯まで運ぶの
ですが、高い木が倒れる時の恐ろしさ、担いで山を下る時の重さが思
い出されます。

農村育ちの土地っ子たちにとっては、教室の勉強よりは楽しい作業だ
ったかもしれませんが、都会育ちの疎開っ子は、もっと勉強がしたい
といつも思っていました。

少し年長の、当時国民学校高等科(今の中学校)の生徒だったWさん
も、やはり炭焼きの原木伐採をやらされていたそうです。できた炭は
軍需工場に供出されていたとか。

木炭などの民需品の生産に小学生までなぜかりだされたのか不思議に
思っていましたが、木炭は軍需用の立派な代替燃料だったのですね。
そういえば自動車もガソリンの代わりに木炭で走っていました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/250-33ea7770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。