スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍長官の叔父が靖国参拝で直言

安倍官房長官の叔父・西村正雄・元日本興業銀行頭取が雑誌「論座」
7月号で、「A級戦犯が合祀されている靖国神社への参拝を正当化す
る理屈は国際的には全く通用しない」として、次期首相は靖国参拝を
控えるべきだなどと提言しています。これについて安倍長官は今日の
記者会見で、「内輪の話だから、ここで申し上げる必要もないではな
いか」と語るにとどめました。

「『論座』で叔父直言 安倍長官は『内輪の話』」(朝日、6日)

西村氏は、雑誌「金融財政事情」2005.10.31号に「『政冷経熱』への
危惧」と題する日中関係についての一文を寄稿していますが、政治評
論家の森田実氏はこの文章を高く評価し、自身のウェブサイトでそれ
を要約しています。その一部をご紹介しましょう。

<(2)日本人が正しい歴史認識をもつことが重要である。1910年の日韓
併合以来朝鮮を植民地支配し、1931年の満州事変以降中国を侵略して
両国民に多大の損害と苦痛を与えたばかりか、戦時中侵攻したアジア
地域で軍部が非人道的行為をした事実は何人も否定できない。>

白秋寸言――『政冷経熱』への危惧に学ぶ

西村氏と同じく1933年生まれの天皇は、東南アジア訪問にあたっての
今日の記者会見で、東南アジア各国との間で「これまでの歴史を十分
に理解し、その上に立って友好関係が築かれていくことが大切です」
と述べています。

陛下、戦争は『心痛む』 東南アジア訪問で記者会見」(共同、6
日)

同じく33年生まれの私は、お二人の歴史認識に共通なものを感じるの
です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/227-70c3829b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。