スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太正道「特攻隊員の真実」

以前MLでご紹介しました「最後の特攻隊員」(1998年、高文研)の
著者、信太正道さんのご活動を久しぶりで新聞で拝見しました。

講演会:反戦活動家・信太さん『中翼が憲法守る』」(毎日大分版、
5日)

海軍兵学校出身の神風特攻隊員、航空自衛官、日航機長という経歴を
持つ信太さんは、現在「戦争屋にだまされない 厭戦庶民の会」の会
長として活躍されています。この信太さんがかつて「小林よしのりフ
ァンの若者たちへ」のメッセージとして書かれました「特攻隊員の真
実」をご紹介しましょう。

< 小林よしのりのコミック『戦争論』(新ゴーマニズム宣言スペシ
ャル)がたいへん売れているようです。その中で彼は、「戦争の中で
愛と勇気が試され/自己犠牲の感勤が生まれ/誇りの貴さを思い知る
こともある」と戦争を賛美しています。なにか、六○年前の雑誌『少
年倶楽部』を読んでいるような気になりました。

 当時の日本の少年たちは、戦争賛美の記事やイラストを満載した、こ
うした雑誌を血わき肉おどらせながら読み、知らぬうちに〃軍国少年〃
に染めあげられていったのです。

 小林よしのりには、当時の無邪気な〃軍国少年〃の姿が重なります。
彼こそまさに 「洗脳されっ子、純粋まっすぐ君」です。>

< 小林よしのりは、若者たちに喜んで郷土(クニ)のために死んで
もらう物語を用意すべし、と強調しています。だまされないでくださ
い。戦争も、そして軍隊も、小林よしのりが考えているようなものと
は違います。特攻隊当時はもちろん、海軍兵学校当時も、小林よしの
りのような無邪気な「純枠まっすぐ君」は私の周囲に一人もいません
でした。みんな自分の行く手に「死」を見ていたからです。「死」に
対して無知で鈍感な者だけが、戦争を賛美できるのです。>

http://www.jca.apc.org/keystone/K-ML9809/0656.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/225-7a4e008d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。