スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国で靖国を語れますか

今朝の朝日新聞のコラム「風考計」は、6月末に最後の訪米を控えた
首相に、「拝啓小泉首相殿 米国で靖国を語れますか」と呼びかけて
います。

< ところが、です。首相は就任以来、頑固に靖国参拝も繰り返して
きましたね。そのことが「民主主義の日本」のアピールではなく、
「かつての軍国主義」を擁護する行為と映る。そこに首相の分かりに
くさがあるのです。

 いや、そんな批判をするのは中国と韓国だけだと首相はおっしゃる
が、それは政府の公式レベルのこと。アジアではシンガポールのゴー
・チョクトン上級相が「日本の孤立」に警鐘を鳴らしていることで空
気が分かります。ハイド議員の書簡は格別にせよ、米国でも眉をひそ
める人が多いのをご存じありませんか。最近は知識人の発言も目につ
くではありませんか。

 靖国神社が首相の考える兵士の慰霊の場にとどまらず、過去のアジ
ア侵略や太平洋戦争を正当化する思想的支柱となっているからにほか
ありません。参拝支持の人々からは東京裁判を否定する声もしきりに
上がるだけに、外国が気にするのも当然でしょう。 >

全文は、
http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200605290146.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/213-43c15f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。