スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中歴史共同研究に関する各紙社説(続)

昨日に引続き、今日は毎日、西日本の2紙が社説で日中歴史共同研究
を採りあげています。昨日の沖縄タイムスと併せ、お読みください。

「日中歴史研究 まず一歩 さらに前へ」(毎日)
<  双方は新メンバーで第2期の共同研究を行うことにしている。戦
後史について中国側座長の歩平・社会科学院近代史研究所長は「第2
期の継続研究としたい」と述べている。歴史に関する共通理解を研究
者だけでなく国民レベルでも深めるために、次はぜひ公表してほしい。

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100203k0000m070136000c.html

「日中歴史研究 溝埋める努力を続けよう」(西日本)
<  ただ、歴史問題をめぐるこれまでの摩擦を考えれば、両国の代表
的な学者が同じテーブルにつき、それぞれの見解を示し報告書公開に
こぎ着けただけでも一定の成果といえる。報告書には、一部ではある
が中国側の歴史解釈が柔軟になったと思える個所もある。今回の共同
研究は第1期との位置付けであり、これを出発点として2期以降の研
究につなげたい。>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/150274

「[日中歴史研究]見えない『沖縄の視点』」(沖縄タイムス、2日)
< いずれも沖縄側からみて違和感を覚えるのは、日中双方とも「国
史」の中の位置づけに囚(とら)われ過ぎているように読めるからだ。
琉球・沖縄史の固有な歴史性が見過ごされてはいまいか。
  中国側は薩摩の支配下にあった歴史的事実を、日本側は琉球処分の
「武力統一」というひとつの側面を、いずれも意識的に軽視している
ようにみえる。>
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-02-02_2457

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1828-1c00b611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。