スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争と年賀状

ご家族お揃いで、楽しいお正月を迎えられたことでしょう。また今年
も多くの年賀状を受け取られたことでしょう。

さて戦争中も、年賀状のやり取りはあったのでしょうか? 

明治終わりから昭和初期にかけ、年賀状の取扱量はしだいに増え続け、
1935年頃には7億通を超しピークを迎えます。しかし戦争による紙不
足の影響で、日中戦争突入の1937年頃から急激に減りはじめ、1940年
には年賀郵便の特別取扱も「当面の間」中止ということになりました。

太平洋戦争突入以降はさらに自粛ムードが高まり、1943年ごろには逓
信省が「お互に年賀状はよしませう」と自粛を呼びかけるポスターを
掲げます。そして終戦の年、1945年の正月には、ほとんどやり取りは
なくなっていました。お上のお達しがなくとも年賀状どころではない
社会情勢でした。

最近はインターネットの普及などで年賀状も漸減傾向だそうですが、
それでも2010年の年賀葉書の発行枚数は約39億枚。まさに平和あって
の年賀状といえましょう。

年賀状博物館

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1806-24ee35e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。