スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖路加病院はなぜ戦災を免れたのか

昨日の朝日新聞 be 面に、98歳の医師・日野原重明氏が「なぜ聖路加
国際病院は米軍の空襲を免れたのか」について書いています。

それによりますと、当時米軍機によって撒かれたビラに「我々は破壊
を好まぬ。(中略)我々は嘗て日本に病院を建て、それが今日も君等
の間に役立ってゐるのである。(中略)我々は無駄な犠牲を嫌う」と
書いてあったそうです。

聖路加国際病院は、確かに米国聖公会の宣教医師によって1902年に
設立されました。米軍の最高司令官であったマッカーサーは聖公会の熱
心な信徒でした。

しかし空襲を避けたのは、それだけの理由でなく、戦後米軍の病院と
して利用するためだったともいわれています。事実占領時代は米軍に
接収され、日野原医師らは追い出されました。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1769-7344ef19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。