スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立追悼施設建設への危機感(大原康男)

民主党政権になって、かねて懸案の新しい国立追悼施設の建設がいよ
いよ現実味を帯びてきたのに対し、かねてから反対を唱えている大原
康男・国学院大学教授は、今日の産経新聞の「正論」欄で、

< 以上、あらためて国立戦没者追悼施設の建設に反対する理由の数
々を書き連ねてきたが、この愚かしい計画がいよいよ現実味を帯びて
きた今日、これまで何度かこの種の画策を阻止してきた保守派陣営に
とって最大の難戦が眼前のものとなりつつある。>

と強い危機感を表明しています。

「【正論】国学院大学教授・大原康男 『わだかまり』強める代替施


大原氏は「靖国神社に代替しうる施設などありえない」と力説してい
ますが、新しい追悼施設は単なる代替施設などではありません。それ
はごく一部の靖国派を除く全国民が、天皇も首相も、外国の元首も訪
れ、そして軍人・民間人、敵味方を問わずすべての戦没者を追悼でき
る無宗教の施設です。

靖国神社は、天皇のために命を捧げたとされる軍人、軍属のみを慰霊
する施設であるのに対し、新しい追悼施設はまったく違ったコンセプトで
創設されるものです。

新しい追悼施設ができたからといって、靖国神社がなくなるというも
のではないでしょう。親兄弟や戦友がそこに眠っていると信じている
人たちや大原氏など一部の靖国教の信者がお参りする“一宗教法人”
として存続すればいいのです。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1708-f91a4bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。