スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「兵士たちの戦争 ガダルカナル島」を観て

今朝NHKテレビで放送されましたシリーズ「証言記録 兵士たちの
戦争」の「ガダルカナル島 最後の部隊 繰り返された失敗 ~名古屋
・歩兵第228連隊~」を観ました。

歩兵第228連隊は、米軍に奪取されたガダルカナル島を奪回するべく
最後に送り込まれた部隊でした。それまで香港や印度支那で戦い、こ
の島に転戦してきたのです。

それまで連戦連勝してきた経験から、兵士たちは1週間くらいで勝利
を収めることができるだろうと楽観していました。事前に配られた冊
子にも、「米兵の強さは支那(中国)兵以下」と書かれていたのです。

しかし上陸する前から米軍の息つぐ暇もない攻撃に見舞われ、彼我の
戦力の差に驚かされます。それまでの部隊が完敗しているのに、何の
情報も与えられず、何の戦略変更の指示もなく、送り込まれたのです。

携行した食糧も1週間分だけ、たちまち食糧は底をつき、最後には米
が10粒ずつ配られただけだったと証言します。そしてその後は現地の
小動物や草などで飢えをしのぎ、蝿までも食べたそうです。

この部隊の兵員数は約2500名でしたが、無事帰国できたのは約300名。
戦死者の半数以上が飢えと病気によるものでした。兵士たちは、ガダ
ルカナルを“餓島”と呼んでいました。

ある兵士は帰国後、戦死した戦友のお母さんに会いました。「残念な
がら敵の弾に当たって、立派な死を遂げられました」と報告したそう
です。「とても野垂れ死にしたとは言えませんからね」と言って、涙
ぐんでいました。

ガダルカナルの戦いについては、今まで多くの本などで伝えられてい
ます。しかし生存者の口から語られるのを聞くと、さらにいっそう真
に迫るものがあります。

このシリーズの番組、観るたびに「戦争を語り継ごう」の貴重な資料
として、感動させられます。


なお次のように再放送があります。
10月2日 ( 金 ) 午後4時00分~4時43分  BShi  

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1697-e5fcc6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。