スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラオの現地召集兵

先日「新たな戦争遺留品(M036)」で戦争遺留品である財布の返還
にご協力をお 願いしました。

その財布には、「我喜屋 良通 勤務先 日本郵船株式会社パラオ支
店」と書かれた名刺が入っていましたので、日本郵船(株)に問い合
わせたところ、当時の社員名簿には記載がなく、現地で雇用した方か
もしれないとの回答がありました。

そして担当の女子社員のメールには次のように書かれていました。

<画像とはいえ、実際に拝見させていただくと身がひきしまるといい
ますか、何ともことばも出ない気持ちになりました。
(略)
我社は船会社ですので、戦時中も船員が大勢殉職しております。今回
のような調査をする度に胸が痛みます。>

照会しても返事も寄越さない大企業もある一方、こういう心のこもっ
たお返事をいただきますと、期待した成果はなかったものの、何か心
が満たされるような感がしました。

そこで戦時中のパラオのことについて調べてみますと、沖縄県の糸満
市史にその記述がありました。パラオ共和国は戦前日本の統治下にあ
り、昭和12年の日本人在留者は約1万1千人で、その4割強が沖縄県出
身者とのことです。

そして太平洋戦争が始まると、沖縄出身の男性3059人が日本軍の召集
を受け、その内664人が戦死しています。

パラオの現地召集兵

我喜屋良通さんも、その姓から沖縄出身と考えられますが、日本郵船
に現地採用され、また日本軍にも現地召集されたのでしょう。そして
664人のうちの一人となってしまわれたと考えられます。なんとかご
遺族の所在がわかればと願っています。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1679-9280bbf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。