スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「気骨の判決」を観て

去る16日放映のNHKスペシャル「気骨の判決」。生憎入院中というこ
ともあって、今日やっと録画を観ました。遅ればせながらその感想をア
ップします。

1942年にいわゆる翼賛選挙が行われ、政府主導の大政翼賛会推薦の候
補者がほとんど当選し、非推薦の候補者は露骨な選挙妨害により多く
が落選しました。

私は当時国民学校生でしたから、その選挙のことも、ましてその選挙
を無効とした裁判官がいたことも知りませんでした。しかし子供なが
らもその当時の社会の空気は感じていましたので、この裁判官の勇気
にはたいへん感銘を受けました。

このドラマでは、非推薦の候補者は戦争に協力しない非国民として一
般の人たちから非難されていました。私ももしその時選挙のことを教
えられたら、子供ながらやはり尻馬に乗っていたに違いありません。

この裁判官・吉田久は、福井市の八百屋の長男として生まれ、小学校
中退。弁護士の書生をしながら東京法学院(のちの中央大学)に学び、
高等文官試験司法科(今の司法試験)に次席合格して、大審院(今の
最高裁)判事にまで昇進しました。

順調にエリートコースを歩んだ裁判官であったら、とてもあのような
判決は下せなかったのではないでしょうか。

今の最高裁でも、時の政府に迎合するかのような判決が下ることが時
々あります。30日の国民審査には、裁判官の人物、過去の判決など、
よく見極めて投票しなければならないと改めて感じました。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1661-0d006d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。