スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本海軍 400時間の証言」第三回を観て

NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の最終回は戦後の戦
犯裁判対策についてでした。終戦間もなく、海軍関係者は組織を守る
ため「第二の戦争」と称して水面下で戦犯対策を進めます。

それが効を奏してか、東京裁判では海軍出身者の死刑は一人もありま
せんでした。また昭和天皇の責任追及も免れることができました。

またその結果、「三竈*島事件」などの海軍にとって都合の悪い事実は
覆い隠されてしまいました(*放送では火篇に土)。三竈島事件につい
ては下記をご参照ください。
「日中戦争下、三竈島で何が起こったのか―香港・華南を訪ねて(下)」

ところで、放送でたびたび映された軍令部員の集合写真の中で気にな
るひとつの顔がありました。それは当時部員だった高松宮(昭和天皇
の弟)です。彼はアメリカとの戦争には反対で、開戦決定の御前会議
の前日、天皇に「海軍の本心は開戦回避」と言上しています。

第一回では伏見宮のことは大きく採りあげられていましたが、高松宮
のことは一切出てきませんでした。証言者が遠慮して言わなかったの
か、証言があっても番組では採りあげなかったのか。

400時間に及ぶ貴重な証言の中には、他にもまだまだ貴重な史実が潜
んでいると思います。それらの解明も待たれるところです。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1624-4cc6e9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。