スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社フィールドワーク

次のように、靖国神社の本質を確認するフィールドワークが行われます。
案内するのは新進気鋭の靖国ガイド・石橋星志さんです。ご関心のある
方はぜひご参加ください。
---------------------------------------------------------
 靖国問題や映画「靖国」の問題がマスコミを賑わせたのも既に以前の話。
靖国界隈は一見静かになったように見えます。しかし、さにあらず、先日の
春季例大祭には首相の榊が奉納され、また年明けに宮司を亡くして以来、
異例の宮司不在の状態が続く靖国神社です。

 さらに、あまり知られていませんが、今年は靖国神社創建140周年に当
たります。だからこそ、マスコミは注目しない今、あえて靖国神社の本質を
確認するフィールドワークを行います。

 九段下にある傷痍軍人資料館「しょうけい館」の展示と比較することで、
遊就館展示の特徴や問題点を実感していただけます。

 「何でも屋」で願いを引き受ける商売人としての靖国神社の側面、既に
その教義上最も大事な招魂斎庭を駐車場にして運営費を稼いでいる実
態など、現地でなければ分からない姿もご覧になれます。現場で、みな
さんの目で靖国神社を見つめ直し、その問題点を再考しませんか。

 関心はあっても足を運んだことがない、一人では行きにくい、歴史は詳し
くない、靖国問題を知りたいという方など、関心のある方はどなたも大歓
迎です。

 これまでのガイドの様子は、「戦争遺跡ガイドのブログ」で公開しています。
 http://senseki-guide.txt-nifty.com/blog/

 ガイドは靖国神社ガイド歴6年目、現在のガイドで最も若い26歳の大学院
生(私のことです)が務めます。モットーは「楽な気持ちで聞けるガイド」、
気の重い問題も笑い飛ばしながら説明します。当日は幅広い年齢層の方
が参加予定です。お時間と体力の余裕のある方は、ぜひご参加下さい。

■05・31 しょうけい館・靖国神社・遊就館フィールドワーク

 日時:5月31日(日)10:00~16:00(予定)
 見学場所:しょうけい館→靖国神社→遊就館
 集合場所:九段下(詳細は、申し込みいただいた方のみご連絡します)
      (最寄り駅は地下鉄九段下駅)
 ガイド:石橋星志(明治大学大学院生)
 ガイド料:1人500円(資料代込み)
 (別途、遊就館入館料、昼食代必要、合わせても2000円程度)
 定員:40名程度
 雨天決行

 ※事前予約制
 希望者は氏名、肩書き、当日連絡先の携帯電話の番号(無ければ家の
電話でも結構です)、どこでこの案内を見たか(またはどなたのご紹介か)
を添えて
YIU69195@nifty.com
  石橋宛へ5月24日までに必ずメールをしてください。受け付けた方には、
折り返し確認のメールを致します。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1540-306878ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。