スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV番組「アジアの“一等国”」を観て

昨夜放送されました「NHKスペシャル シリーズ JAPANデビ
ュー 第1回 アジアの“一等国”」を観ました。

日本は日清戦争の勝利によって台湾という初めての植民地を得ました。
そしてそれをうまく統治することにより、欧米列強に並ぶ“一等国”
の地位を確立しようとして、英仏などに植民地政策を学びます。

当時英仏などは植民地に対し“同化政策”を採っていたので、日本も
それに倣います。しかしその後しだいに世界は“民族自決”の方向に
向かいましたが、日本は日中戦争の勃発もあって、より同化を進めた
“皇民化”政策へと転換します。日本語の強制、創氏改名などはその
手段でした。

番組には、統治時代台湾一のエリート中学(旧制)であった台北一中
の台湾人卒業生たちも出演していました。中学校も皇民化の一環で台
湾人も入れるようになりましたが、その比率は僅か3%程度。日本人
より勉強しなければ入れなかったと言います。

彼らは皆きれいな日本語をしゃべります。驚いたことに、「私の頭の
中のコンピュータは日本語です」「難しいことを話したり、書いたり
するのは、情けないことに中文でなくて、日文でないとだめなんです」
とのことです。

そこまで日本人化して、そして高校(旧制)、大学を出て官僚になっ
ても、同じ職位で給料は、内地人160円に対し台湾人100円でした。一
等国民は内地人、二等国民は琉球人、三等国民は台湾人とされたそう
です。

そのうちの一人が「日本時代は?」と聞かれたところ、「ひどい差別
で、口惜しかった」と涙を堪えるような顔で答えました。とかく親日
的な人が多い台湾人ですが、その内心を垣間見た思いがしました。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1495-cbab48af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。