スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹氏の反戦スピーチの原点

作家の村上春樹氏がエルサレム賞の授賞式の記念講演で、イスラエル
によるガザへの攻撃を批判したことは有名ですが、その中で次のように
語っているのはあまり知られてないようです。

< 私の父は昨年、90歳で亡くなりました。父は元教師で、時折、
僧侶をしていました。京都の大学院生だったとき、徴兵され、中国の
戦場に送られました。戦後に生まれた私は、父が朝食前に毎日、長く
深いお経を上げているのを見るのが日常でした。ある時、私は父にな
ぜそういったことをするのかを尋ねました。父の答えは、戦場に散っ
た人たちのために祈っているとのことでした。父は、敵であろうが味
方であろうが区別なく、「すべて」の戦死者のために祈っているとの
ことでした。父が仏壇の前で正座している輝くような後ろ姿を見たと
き、父の周りに死の影を感じたような気がしました。>

「【日本語全訳】村上春樹『エルサレム賞』受賞スピーチ」
http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php

村上氏の「壁」でなく常に「卵」のサイドに立つというスタンスは、
父のこうした無言の教えが原点となっているのでしょう。まさに背中
で語る「戦争を語り継ごう」だと思います。

春樹氏の父上・村上千秋氏は、愚息の中学時代の教頭先生でしたので、
一度お目にかかったことがありますが、こういうエピソードは初めて
知り、改めて感動を受けました。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1454-e89d21c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。